雑賀工務店|香川県高松市を拠点に店舗や公共事業の建築・施工、不動産物件・土地探しからリフォームまでトータルにお手伝いさせて頂きます。

qrcode.png
http://saiga-k.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 
 
あれから11年。
2022-03-11
今日は3月11日であの東日本大震災から11年です。

あの日、お客様に午前中に工事の契約をいただいて「今日の仕事終わりや。」などと思っていたら午後、昼過ぎくらいに車のラジオで「東北の太平洋岸で大きな地震があって津波警報が出てます。」というのを聞き会社に帰ってきて夕方頃かなあ・・・会社のTVをなんとなくつけたら世の中えらいことになってました。

その日は確か「友引」(契約したから)で「六曜もあてにならんなあ。」と思ったのをなぜかはっきりと覚えています。

その後、続々被害が伝えられて騒然となっていくのですが、なかなかそれが現実と受け止められなかった。

あれから11年、日本は復興もままならず世界規模で疫病が流行り、ヨーロッパでまさかの戦争が起き人類が何度か目で最も深刻な核の脅威にさらされるなとどと思いもしませんでした。

特に戦争、人類の叡智でなんとか一刻も早く終わらせて欲しいものですね。

 
 
ものは大切に。
2022-03-10
僕は「もの」をすごく大切に扱う。

世間がやれサスティナブルとかSDGsとか騒ぐ遥か前からね。

IMG_3154とにかく何でも僕の持ち物は異常に長くもつので資源を無駄にせず超「省エネルギー」ですね。

例えば今も現役で使っているこの三角スケールもステッドラー、ファーバーカステルのホルダー、ラジオペンチは全部40年以上使ってます。

まあ長く使えばいいというものでもないですけどね。

さて、今日はこの冬頑張ってくれた「ストーブ」を片付けました。

IMG_3152うちの会社は1階が駐車場、2階が事務所という構成になっていて冬は床が冷やされて特に足が冷え冷え。

エアコンをかけても効きが悪いし膝から下が冷たいので特に寒い冬はブースターとして石油ストーブを焚いてます。

やっぱり暖房は「物を燃やすのに限る」と思います。

そしてストーブの片付け方。

IMG_3147まず灯油を抜く。

まあまあ重いので大変。





IMG_3148雑巾で汚れを念入りに拭き取ります。

普通の家庭ならここでおわりだけど・・・。





IMG_3149ここでいつも車を磨いているワックスをヌリヌリ。

これが後に効いてきて来シーズンの使い始めでもピカピカな訳です。

とにかく塗れそうなところには全部塗るのがポイント。


ホントに薄く薄くでいいからまんべんに塗ります。

生乾きのうちにきれいにワックスを拭き取り倉庫に保管します。

これで来年もバッチリ!です。

今年の冬はむちゃくちゃに寒かったので来年はもう少し暖かくてもいいかなあ。


IMG_3136*改装された古民家を更に改造して薪ストーブを取り付けるという工事も順調に進んでいます。

元は「土」だったところに石張りと低い式台のようなのを設置しました。

これがなかなかいい感じなのですよ。




 
 
創意工夫で。
2022-03-09
誰か住宅の依頼が来ないかなあ・・・と思う今日この頃。

そんな中、某店舗様から現行の和式便器を洋式便器に換えるというご依頼。

ただ、最近の洋式便器は大きくトイレのブースは狭いのでごく普通に「内開きのドアの開き勝手を外開きに替えよう。」と考えていたらドアの外に障害物があり断念。

では「内開き」のまま便器が入るのか?という問題です。

IMG_3122メジャーで測ったらOK!だったもののイマイチ不安なのでメーカーから便器の承認図を取り寄せ正確無比な「模型」を作ってみました。

これでドアが開いて人が立つスペースがあれば合格です。



IMG_3120その模型を支えているので立ち方が不自然なんだけど、なんとか行けそう。

良かった!!!。

やっぱり現場で確実に確認することが肝心ですね。

何事も「創意工夫」なわけです。

*四国新聞に昨日の県立高校の入試問題が載ってたけど、皆目分からない。

理科だけはまだマシだけど(建築にはまだ有効)数学は公式を忘れ社会とか英語とか全然無理!!!。

もう誰でも入れたあの頃の小豆島高校にも入れない・・・。(廃校になって無くなったしねえ。)



 
 
玄関を石張りに。
2022-03-08
他社さんが施工した古民家の土の玄関とポーチを石張りに変更する工事です。

外部で雨が当たる部分なのになぜか「土」のままで終わってました。

たぶんただの「土」ではなく変に硬いのでにがりとか消石灰を混ぜた「三和土」らしいのだけど、外部に使ったらダメよ。

あっという間に風化してほぼ「砂」に戻りつつあったのをお客様もマズいと思われたようです。

IMG_3105「まあ、内外で8m2くらいだから職人2人で2日くらいかなあ・・・。」とおもっていたら職人さんがいきなり4人来て賑やか。

まず「湿砂モルタル(固練モルタルとかバッサとかいろいろ言い方有り)を敷いてから基準線を出してとりあえず置いてみます。

だいたい位置が決まったら貼り付けモルタルを流して石を張っていくわけです。

と、書くのは簡単だけど実際は大変で「石」1枚が20キロくらいあってこれを動かすだけで一苦労。

切るのも大変で厚みが40mmもあるのでサンダーから出るほこりも半端ない。

モノタロウの掃除機を集塵かわりに使っていたけど4枚くらい切ったら目詰まりしてしまう。

超微粉末なので体に悪そう。

結局作業の後半はこのホコリとの戦いでした。

4人もいたらさすがに早く4時前に目地入れも終わり完了。

完成写真を撮るのを忘れてきたけど、やっぱり「石」は質感がいいねえ。

まあ一般のタイルの倍~3倍くらいするけど一度張ったら半永久に持つのでお勧めですよ。



 
 
春一番ツーリング。
2022-03-07
軽四(アルト)にガソリンを入れたら26Lで4,550円!!!!。

頭がおかしくなりそうですね。

さて「春一番も吹いたし気温も2桁になったし、天気はまあまあだし、走りに行こう!」と昨日の日曜日は愛車ゼファーで一人ツーリングに行ってました。

ただ無目的に走るのも何なので「道の駅」のスタンプを集めることに。

実は四国の道の駅巡りの「純正スタンプ帳」というのがあり、1冊目は全部一通り行っているのですが2冊目はスタンプを押していないのがあるので改めて押しておこうというところです。

まずガソリンを満タンにして出発。ここで1時半過ぎくらい。

IMG_3100長尾街道バイパスを東に走って前山ダムの西側の「道の駅 ながお」でまず1つ目のスタンプ。






次に多和の天体望遠鏡博物館の前を通り大窪寺の下を抜けて白鳥に出て南下。

「道の駅 どなり」で2つ目のスタンプ。

なんか、山の中なので寒い。

そのまま更に南へ走って、マルナカ柿原店の交差点を右折して脇町を目指します。

この道がわりと遅くてなかなか進まない。

そして太陽が陰ってきてじんわりと寒い。

「吉野川の南に出た方がよかったかなあ・・・」などと思いながら走っていたら脇町に着いてしまいました。

「脇町プラザホテル」という凄い名前のホテルの交差点を北へ曲がって塩江周りで帰ろうかなと思ったけど珍しくスタンプ帳も持っていることだし、ついでに「道の駅 藍ランドうだつ」というよけい寒くなるネーミングの道の駅へ寄って3つ目のスタンプを押すことにしました。

IMG_3102ネーミングは寒いけど、見た感じはなかなかきれいにまとまってます。

まあ白壁、切妻、瓦葺きにしておけば、だいたい格好はつきますね。

石垣もきれい。

「和風カントリー調」と言ってもいいかもね。

国道193号線をひたすら走って最終「道の駅 しおのえ」に到着。

昔は「湯愛(ゆ~あい)の郷 しおのえ」という超ダサい名前だったけど、さすがに恥ずかしかったのか最近は「しおのえ」のみのネーミングとなったようです。

IMG_3103さすがに4時を過ぎると閑散としています。

ここで恐らく8℃くらい。

けっこう好きな「さつま芋の甘納豆」350円を買って今日4個目のスタンプを押してさっさと帰ります。

家にたどり着いたら5時前。

やっぱりまだ寒く特に顔が冷たい。

140キロくらい走って3時間半くらいでした。

早く暖かくならないかなあ。

 
 
わけの分からない時には
2022-03-04
ロシアがウクライナの原発を攻撃して世界は騒然としています。

いくら戦争でも「やっていいことと悪いこと」はあるはず。

これも「核」がらみだけど大昔、筒井康隆さんが「アフリカの爆弾」を書いた時も偉い評論家の先生からそう言われたそうです。

さて、こういう「わけのわからない」時は「わけのわからない本」を読むのに限る。

IMG_3078江戸川乱歩傑作選です。

噂には聞いてるけど読んだことが無い「D坂の殺人事件」を読むために買って「二銭銅貨」「二廃人」だけ読んであとは斜め読みしていたのを本棚から出してきました。

その「D坂の殺人事件」はSMが主題で、まあ当時の人はひっくり返ったでしょう。

その他、覗きとかトリックとかいろいろ交錯しているわけですが耽美的と言うか気持ち悪いというかそんな感じで全体的に「ど変態」です。

有名な「明智小五郎」も出てくるんですがキャラクターとしては乱歩の弟子の横溝正史が生んだ「金田一耕助」のほうが完成度が高い気がします。

大正時代に書かれた割には読みやすいですよ。

 
 
春の予感と・・・。
2022-03-03
♪皮肉なジョーク追いかけるのは・・・と尾崎亜美さんが「春の予感」を書いたのが20とか21歳の時で、まさに「天才!」ですね。

60を過ぎた今でもあんな歌詞思いつかないわ。

IMG_3081さて先週の日曜日あたりから「明らかに暖かく」なりまさしく「春の予感」がいたします。

現場の近くの梅(たぶん)の花も満開。


今は山の中で仕事をしているせいか「クンクン」やってるとそこはかとなく「春の匂い」がします。

気温も2桁になったし次の日曜日はバイクで走れるぜ!と思うとワクワクです!。


IMG_3077そして今日は3月3日のひな祭り。

うちの超美人さんのお雛様も33歳となりました。



我が家も狭いところに最大4人と1匹だったのが、今年は夫婦2人きり。

お雛様を出しているといつも必ず「何、何?」と走ってきた猫がもういません。

お雛様も「今年はなんか寂しくてつまらんのう。」とか思っているかもね。

 
 
綾川のパン屋さん。
2022-03-02
いくら好きでもいつもうどんばかりだとさすがに健康に悪そうなので今日の昼ご飯はパン。

DSC_3040たまたま現場へ行くときに見かけたパン屋さんへ行ってみました。

場所は綾川の「綾菊酒造」の「ほぼ前」です。

洋瓦に白い壁の外観でいま風なカントリー調。

昔はこんなのよく書いたものです。

「石窯パン35」というらしいです。


そんなに人の多いところではないけど入ってみるとお客さんでいっぱいでびっくり!。

人に聞いたら有名らしいです。

日曜日は休みらしい。

香川のこの手のパン屋さんはだいたい抑えたつもりだったけど知らなかった・・・。

僕もまだまだですなあ!。

DSC_3042昼ご飯なのでホントはサンドイッチとかの総菜パンが欲しかったんだけど一切無し。

っていうか「普通」のアンパンもメロンパンもクロワッサンもバゲットも何も無くて写真のような一般の食パンの2/5くらいの四角なパンのみで1個250円です。

そして中身がいろいろあるみたい。


なんか高いような気もしたけど、実際食べるとけっこうボリュームがあって1個で十分でした。

とりあえず写真の「黒ゴマやきいも」を食べてみたけど、とっても美味しかったです。

(よく考えるとうどんもパンも元は小麦なので糖尿病リスクは変わらないかも知れないのに今気が付いた。)

さあ次は高瀬の「アメリ」だあ!。(ここも日曜日休み)




 
 
久々の「山越うどん」
2022-03-01
いまやっている現場をGooglemapで見ていたら、意外と近くに「山越」があるのを発見。

今日の昼に行ってみました。

昔はよく来ていたんだけど、最近このあたりに来る機会が無くてたぶん7年~9年ぶりくらいな気がします。

IMG_3064「山越」=「長蛇の列」という感じだけど、さすがに平日、しかも雨だと少ないです。

少ないと言っても手前の駐車場はほぼいっぱい。


久々に「かま玉の大」400円を頼んだら、支払いは機械になっていて慌てる。

僕は醤油じゃなくて「かけダシをちょっとだけ入れる」のが好きなのでそれにしたけど、記憶よりやや太くなった気もするけどエッジも立ってやっぱり美味しかったです。

ここのうどん屋での一番の思い出は、今の店の入ったところで食べていた頃たまたま「地下鉄サリン事件」の第一報をここのTVで見て誰かと「むちゃくちゃするヤツがおるなあ!」と話をしたこと。

これが1995年らしいのでもう27年も前の話でした。





 
 
遠くへ「行かない」
2022-02-28
昨日の日曜日は晴れて暖かく久しぶりの「お出かけ日和」でしたが時節柄「遠くへ行かない」日曜日でした。

DSC_3029先日の健康診断の結果が「むちゃくちゃ」で昼はうどんばかりだったのを悔い改め「たまには魚を食べよう!」と牟礼の道の駅で「ハマチ漬丼」。

それだけだと味気ないので「いかなごの天ぷら」もプラス。

ハマチ漬丼は美味しいのだけど、1切れが丼の1/3くらいと大きいというか大きすぎるので半分くらいに切ってくれるともっと食べやすいかな。





DSC_3030広場の北端から小豆島を見る。

のんびりいい天気。

いよいよ春が近づいているのか靄でぼんやりしてます。


いよいよ世界情勢が悪くなって

「あっ、明石の方が光った!。あれきのこ雲ちゃう?。」などというのは嫌ですよねえ。


DSC_3032夕方は木太町、春日川の横の「湯楽温泉」。

ここも家から10分くらいと近い。

特に何も考えずお湯に浸かっていると、とても幸せ。

こういう平和な時間が続いて欲しいものですね。





僕が世界情勢を心配したところで別にどうなるわけでもないけど、市役所とか公民館にスティンガーとかジャベリン、M19、M4,M24,M110を備蓄する時代が来ないように祈ってます。 ホント。

 
雑賀工務店
〒760-0074
香川県高松市桜町2丁目8番10号
TEL.087-833-5544
FAX.087-837-3565

───────────────
土木建築設計施工、不動産取引業
───────────────
<<雑賀工務店>> 〒760-0074 香川県高松市桜町2丁目8番10号 TEL:087-833-5544 FAX:087-837-3565