雑賀工務店|香川県高松市を拠点に店舗や公共事業の建築・施工、不動産物件・土地探しからリフォームまでトータルにお手伝いさせて頂きます。

qrcode.png
http://saiga-k.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 
 
川の掃除。
2022-03-25
弊社の東側を流れる清流「御坊川」。

カメや鯉が大量に生息しております。

すごく細く短い川で源流は恐らく高松市内。

今日、なんとなく外を見たら「日本財団」の服を着た人たちが5、6人で川の掃除をされていました。

IMG_3308惜しい!。

一声かけてくれば手伝ったのに!。

前々から水位が増えるたびに岸を覆う雑草に引っ掛かる大量のゴミが気になっていたのでした。

年2回くらいの地区の掃除は「用水路、排水路」の掃除はするけど、それが流れ込む「川」の掃除まではしない。

最近は下水道や合併浄化槽のおかげで水はわりときれいなんですが、とにかくゴミが多い。

「あ~、なんか掃除したいなあ。」とここ何年も思っていたのですが実際に掃除をしているのを見るのは初めてです。

仮にゴミを集めてきても、それをどう処分したらいいのかわからないしねえ。

ゴミを集めている軽トラをみるとまあまあ一杯。

濡れているのでよけい嵩と重さがありそう。

上から見ているとほとんどがプラゴミ。

レジ袋とか弁当の食べかすとかペットボトルを川に投げ捨てるヤツの気が知れない。

川のゴミは海を汚してしまうわけです。

おかげさまですっかりきれいになりました。

なんかすごくスッキリしましたね。






 
 
実物見本「あぁ無情編」
2022-03-24
ここ何年か前からタイルの「実物見本」というかサンプルを以前のように気軽にもらえなくなりました。

まあしっかり作っているので1冊1,000円以上はしそうな感じではあるので、気軽に配ると経費がかかってしょうがない・・・というのは分かる。

今はいちいちショールームとかに申し込みして取り寄せてもらう仕組みとなっております。

まあまあ大きな面積なら取り寄せるのですが小規模な場合は「カタログ」から選ぶことになります。

IMG_3304←これね。

先日、あるトイレの改修工事で急に7~8枚くらい張り替えることになって現地でこのカタログと既存のタイルを床に張り付いて見比べながら「これかなあ・・・」と決めたわけです。


そして工事が終わったので見に行ったら

「ガ~ン!!!、色が全然違う!」。

元のタイルはグレーっぽかったので、それに一番近いのにしたつもりなのに実際は薄いブルーで違和感アリアリ。

まあ洋式便器の下だけなので見える部分は少ないのだけどねえ。

しかも便器を据え付けてしまってもう使用しているのでどうしようもない。

そしてもう一カ所の別のところは「やや白かったかな」とだいたい合ってる。

頼むから印刷のカタログには「#123  薄いグレー」「#135  濃い茶色」とか書いて欲しいわ。

もう40年以上建築をしているけどいつも「新鮮!」。



 
 
なりふり構わず。
2022-03-23
今日の夕方、ウクライナのゼレンスキー大統領の国会演説がある。

これに反対している議員が居るというのが信じられない。

もし日本が一方的に侵略され、かつ味方と思っていた国の援護も無い場合、日本はこういう風になりふり構わず他国に応援を頼めるのだろうか。
 
賛否はもちろんあるけど、この大統領のこういう行動力は素晴らしいし尊敬します。

たぶん日本の政治家たちは何もせず、自分たちだけ安全なシェルターに籠り得意の「遺憾に思う」とか「検討に入る」とか「法律で対応」とか言いながら国民が死んでいくのを「注視」しているだけだと思う。

(ちなみに今、ロシアに猛攻撃されてめちゃくちゃに破壊されているマリウポリは人口40万人弱ということなので、高松とだいたい同規模の都市らしい。)

僕自身はもういい歳なので有事の際はあと腐れなく戦うつもりだけど、いつも言うけど会社の前を通っていく子供とか学生の未来は何の不安も無い明るいものであって欲しいと願っています。

子供が死んでいくニュースなんて見たくも聞きたくも無い。

結局「国連」は何の役にも立たずがっかりはするんだけど、とにかく一刻も早くこの不毛な戦争が終わって欲しいです。




 
 
温泉同好会復活!。
2022-03-22
円安が進み120円突破。これでまたガソリンとか値上がり必至。

日本の価値もだだ下がり。

いい加減「注視して検討」ばかりしていないで何か手を打って欲しいものです。

さて蔓延等防止措置が「終わりそう」な連休。

DSC_3081約半年ぶりに「温泉同好会復活!」となりました。

天気もまあまあ良好です。

屋島山上の集客施設も最初は5~6億円だったはずなのにいつの間にか15億円という巨費をかけてなんとか出来上がったみたい。

高松港からでも見えますよ。





DSC_3083今回の目的地は高知 須崎の「桑田山(そうだやま)温泉」です。 

友人が調べたところによると「四国一の泉質」らしい。

実は僕は2回目。

高松を9時10分くらいに出て12時頃到着。

高松から165キロ。


高速道路がもうけっこう混んでる上に県外の車ばかりでびっくり。

僕たちもその1台なわけですが。

けっこう時間がかかったのは須崎で昼ご飯を温泉の前に食べようとしたけど駐車場がいっぱいで急遽「温泉を先」に変えたりしてウロウロしたため。



DSC_3085「上から行くコース」と「下から行くコース」があるのが後でわかったんだけどナビが指定した「上から行くコース」はかなり難解。

車のナビとスマホのナビを駆使してなんとかたどり着きました。

ギリギリ午前中で「朝風呂」ということで480円と格安でした。







DSC_3084温泉は内風呂と露天風呂と「源泉かけ流し」の3つ。

特にぬめり感とかはないけど、すべすべになります。

敷地内は桜とか花がたくさん植わってて

「あ~、春やぁ・・・。」な感じ。





DSC_3086女湯の看板は「べっぴんの癒し湯」ということです。












DSC_3093昼ご飯は車で走りながら検索した「魚貴」(うおたか)というごはん屋さん。

店の駐車場は3台くらいなんだけど、目の前の跨線橋の下が無料の駐車場になっていました。

・・・これを最初に知っていれば良かったのだけど、なんせ行き当たりばったりなので。





DSC_3092名前忘れたけど「豪華卵かけご飯」をチョイス。

1000円くらいだったような。

丼を持った瞬間「ズシリ」と重く量がものすごく多い。

お腹いっぱいです。

美味しかったです。

DSC_3094次に恒例「地元のパン屋でパンを買う」。

これも検索したらたまたま300mくらいのところにあってので歩いていきました。

「モンブラン」というお店です。

4種類くらい買っても600円くらいと安かったです。

行く先々でいろんなパンを買っていますが、翌日の朝食で食べるのを楽しみにしています。

帰りは南国SAで「いも天」を買い一路高松へ。

4時30分頃、高松港に到着。

走行距離は350キロくらい。

いくらハイブリッドでもガソリン1リットル176円はこたえますねえ。






 
 
過剰品質。
2022-03-19
きのう、日本人は「凝り過ぎ」と書いたけど、その続き。

ここ30年停滞しているのも、EVが普及しないのもこれに原因があるような気がします。

じゃあ「完璧」を目指しているかというとそうでもない。

ただむやみに無駄な手間をかけているだけ。

細かいことを言ってる間に置いていかれる・・・の繰り返しということですね。

もっと遡れば第二次世界大戦中の戦艦の艦橋。

当時は大したレーダーも無かったので欧米は「物見台」程度のものだったけど、日本の戦艦のものは各艦独自にやたらに複雑で高くしたものだから敵方の航空機とか潜水艦からとても見分けがつきやすかったというのを大昔に何かで読んだ記憶があります。
 
本末転倒ですね。

それともう一つ。学生の頃、構造の先生に「過剰設計するヤツ多いけど、それは頭の悪さの証明や。
1本柱が折れたら全部倒壊するくらいのバランスで設計せいっ!。」(実際は大幅な安全率をとっているのでありえないけど)と言われたのを今でも信条としております。

というわけで先の「仮設住宅」の話になるんですけど、災害時なんか特にその辺にあるもので素人でも組み立てられる、または「運びやすいユニット」に割り切る、少々のクレームなんか気にせず「数」を確保するという、ある意味「度量」が必要だと思うんですよ。

あの坂さんの「紙パイプブース」なんか簡単でいいですよねえ。・・・何より軽いし。
 
ウクライナからの課題。
2022-03-18
さっきマイクロソフトのトップページを見ていたら、ウクライナの知事から

「日本に仮設住宅をお願いしたい。」とのこと。

面白そうじゃありませんか!。

現地に材料があるとは思えないので、近隣の地域から集めるとして「素人」にも組み立てられて一定のスペースと性能があること。

とかく日本人は何をするにも「凝り過ぎ」な傾向があるのでちょっとのことでも時間がかかり過ぎ。

地震とか災害の後の「緊急」を要する「仮設」の建物でも「普通の在来工法」で十分に工期をかけて立派なのをやってしまう。

で、いつも「数が足りない」。

これっていつも「おかしい」「なんで?」と思っています。

ここはシンプルに「こういうのも出来るで!」「これで雨風は防げるんやで」とやってみたいですね。
 
燃えよ!、薪ストーブ。
2022-03-17
昨夜11時40分頃、福島、宮城でM7.4、震度6強という強烈な地震がありました。

真夜中、眠る寸前にそのニュースを見たのですが「ヒヤッ」としました。

地球の年齢からしたら「11年前」なんて「いまさっき」な感じかな。

「震度6強」の揺れ方を見ていると耐震等級3でも微妙な感じですね。

さて、先日から工事をしていた「薪ストーブ」の設置も無事終了。

お客様とストーブ屋さんと僕で「火入れ式」をしました。

薪ストーブは鋳鉄製で140kgくらいあるんだけど、いきなり全開で燃やすと割れたりするらしいです。

なので室温から最適運転温度の200℃までを3回やって「慣らし運転」をする必要があるそうです。

「鉄」なんだからいくら燃やしても良さそうなものだけど意外ですね。

IMG_3208そして感動したのは「すごく上品に燃える」ということ。

炎が「しっとり」というか非常に制御された燃焼ですね。

さすがに高価なだけのことはあります。

僕が大好きな「焚火」とは大違い。

灰も何もない「新品」なので本体が200℃に達するのに1時間弱かかりましたが、そこそこ使い込んで下に灰も溜まってくると30分程度で適温である200℃になるそうです。

そしてストーブ本体が200℃に達すると近くにいると顔に熱気を感じ始めます。

するともう完全燃焼で煙突から煙も出ない。

やっぱり暖房は「物を燃やす!」のに限ります。

このストーブはちょっといいものなので燃料である「薪」も一応クヌギや樫とかの「広葉樹」が推奨だけど油分の多い松を除いて桧や杉の「針葉樹」でもいいらしい。

(建築屋に知り合いがいれば残材をもらえるかも。)

ここはそこそこ山の中でお客様の山も広く薪も自身でなんとかなりそうなんですが市街地に住んでいると「いかに燃料の薪を確保するか」が大きな課題になるようです。



 
 
徳島 神山温泉とパンと神社。
2022-03-16
 
先週の日曜日は久々に「やや遠出」で徳島の「神山温泉(ホテル)」へ行ってきました。

遠出と言っても家から65キロ。

9時過ぎに出て10時40分に到着。

近い。

行く道沿いは開花寸前の無数の「しだれ桜」が並木になっていて、あと1週間もすればめちゃくちゃきれいなはず。

ちょっと惜しかったかな。

さて温泉ですが、シャンプーとかボディソープ付きで650円くらいと安いです。

泉質はヌルヌル系でお肌ツルツルです。

こういうのは香川には無い感じ。
 
まだ昼前なのでお客さんも少ない。

一風呂浴びて昼になったので、レストランで昼ご飯。

DSC_3055せっかくなので「神山そば」というのを食べてみました。

鶏肉とかシイタケとかいろいろ入ってていいダシが出てます。

当然「スダチ」も。

これは美味しかったですね。







DSC_3060そのホテルから1キロも離れていない「道の駅 かみやま」。

今年初めてのツバメを見て感激。

こんな小さな体と頭ではるか南の島からよく戻ってくるものです。

僕はツバメが大好きで毎年初ツバメをみるたびに「偉いなあ。」と胸が熱くなります。
 

 



DSC_3063パン旅、徳島編で小松島の「カントリーロード ベーカリー」。

神山温泉からまっすぐ東へ降りたあたりで小松島のハローズ江田店のすぐ近く。

カレーパンが有名らしいのでそれを買って、その他4つくらい購入。

帰って食べてみたらとても美味しかった。

カレーパンでどこも見た目はよく似ているけど全然違いますね。

最近パンもだんだん高くなってきたけどここは価格も安めでした。

夕方のおやつのパンも買ったので「さあ帰ろう!」となる訳ですが、ここで徳島で最も格式が高いと言われる神社「大麻比古神社」(阿波國一宮)へ行こうということになりました。

「道の駅 ドイツの森」のすぐ近くなので板野ICからも近い。

小松島から一路北を目指します。帰り道ですけど。

DSC_3067正殿の前に巨大な楠。

しまなみ海道 大島の「大山山祇神社」とよく似た感じです。

「息を止めて3回廻っている」人はいませんでした。

さすがに神域という気配を感じます。
 






DSC_3066正殿は屋根の修理中。

日曜日なのにトントンカンカンと工事してました。

工期が無いのかも・・・。

なんせ今ヒマなので一心不乱に「商売繁盛」をお願いしました。

まあ僕が努力すればいいだけの話なんですけどね。



DSC_3065展示してあった「鰹木」。

この手のものは下に降ろすと意外に大きい!。

これを取るだけでも結構な大材が必要です。

腐食防止のため銅板を巻いていますが、これはなかなか仕事が難しそう。

参拝した後、御朱印もいただきました。


これで香川「金毘羅さん」、愛媛「大山祇神社」高知「土佐神社」と四国4大神社に行ったことになりました。

まあ「それがとうした」という話ではあるんですが・・・。

境内には戦時中に捕虜のドイツ兵が作ったという石造の眼鏡橋とかアーチ橋があります。

小さいけど「石」でアーチを支えるのはそれなりに難しそうです。

いくら理屈がわかっていても僕なんかがやったら即崩落ですね。

(ピザ釜なんかも「初めて」やると結構崩落するらしい。)

久しぶりにちょっと走ってみたら気分爽快。

翌日には1件、仕事の話も来ました。

徳島 大麻比古神社、霊験あらたかでございます。

160キロくらい走ってました。

高松~松山くらいですね。 









 
 
あったか~い!。
2022-03-14
ついこの間まで寒かったのに、先週の土曜日あたりからあったかくて調子いいですね。

先週から今日の天気予報は雨だったけどグイグイ晴れてきて9時過ぎには晴れ。

こんなうれしいことはありません。

DSC_3068なぜなら今日は「薪ストーブ」の煙突を通すのに「屋根に穴をあける」日だったからです。

朝から正確に位置出しをして一気に穴あけをしました。

立ち上がりのフレームは事前に大工さんが工場で作ってきたものです。

先日書きましたが「屋根の勾配」を事前に出しておいたので据え付けもピタッと決まりました。

ストーブ屋さんに言わせると、これがなかなか一発では決まらないらしい。

そんなこんなで今日はおしまい。

明日、薪ストーブ本体と煙突を取り付けたのち試運転をして工事は終了。

まあ、すっかり「春」なんですけどね。

IMG_3175現場の近くではもう桜が咲いていました。

もうすぐ至る所で桜が満開になると思うとワクワクしますねえ。
 
旧車人気。
2022-03-12
最近なぜか古い車やバイクが人気で中古車も高騰しているそうな。

「古いバイク欲しいなあ・・」と思っているあなたに一言。

「やめとけ」。

悪いことは言わない、とにかく自動車にしろバイクにしろ設計が1日でも新しいのに限る。

DSC_3014特に「キャブレター車」。

もうこの不安定さはなくて特に冬、「インジェクションがええなあ」と道行くバイクを恨めし気に眺めるわけです。

まず出かけようと思ってもエンジンがかかるかどうかもかけてみないとわからない。

うまく始動しても、それから延々と暖気運転となるのでガソリンがもったいない。

昔乗っていた「いすず117クーペ」もSUツインだったけど、しょっちゅう狂って1800CCなのに燃費は7~8キロくらいでした。

古くても給気系がせめてインジェクションになってるのを買いましょう。

僕もなんとなくゼファーに乗っていますが、これより格好いいのが無いのでなかなか買い換えとならないわけです。

 
雑賀工務店
〒760-0074
香川県高松市桜町2丁目8番10号
TEL.087-833-5544
FAX.087-837-3565

───────────────
土木建築設計施工、不動産取引業
───────────────
<<雑賀工務店>> 〒760-0074 香川県高松市桜町2丁目8番10号 TEL:087-833-5544 FAX:087-837-3565