雑賀工務店|香川県高松市を拠点に店舗や公共事業の建築・施工、不動産物件・土地探しからリフォームまでトータルにお手伝いさせて頂きます。

qrcode.png
http://saiga-k.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 
 
香川県庁舎東館耐震改修工事見学会。
2018-12-18
香川県建設業協会、建築部会の案内で「香川県庁舎東館耐震改修工事」の見学会があったので行って来ました。

2018_12180010要は地下を掘ってまな板の様なコンクリートの板の上に左右に動くゴムの脚を介して建物を載せなおす。というものです。


これが「面倒」。


まず下を掘りぬくために一度基礎の周りの地盤を固め、ある程度掘ったら仮の杭を「圧入」してそれを支えに仮の梁で建物を受け、さらに掘ってコンクリートの「厚い板」を作り、工事中の地震対策のために仮の耐震壁を各所に造り、やっと免振装置を組み込み、それが終わったらそれまでの膨大な仮設物を撤去していき「元のように」ロビーの玉石なんかを写真を見ながら再現していく・・・ついでに高層階のコンクリート製の手すりも交換したり議場との渡り廊下も改修しちゃう・・・というもの。

書いているだけでも面倒だけど、現場は当然もっともっと面倒。

建物を稼働させながら工事しているので、そんなめんどくさいことをしているようには見えないけど、仮囲いの中は大変なことになってます。

道路側の低層階は3mくらいと「思っていたよりは浅い」感じなのですが、高層階の方は6~8mくらい堀ってる感じ。

しかも最新の土木技術を駆使してます。

「昔のコンクリートの試験は、割ってみて骨材も同時に割れていたら合格」というのをどこかで読んだことがあるけど、この県庁の建物もコンクリートが予想以上に固くて苦労したそう。

あの近代日本庭園の傑作とか言われている南庭の「アーチ橋」もわざわざ曳いてきて「動体保存」。

新規に作るとテイストが合わないから・・・らしい。

道路側エントランスの厚い松の板の天井もブラケットを作り直して洗って再利用。

2018_12180011面白いのが新規の照明器具もあか抜けない「古い感じ」の器具をわざわざ選んでいる。

(写真はうちの会社の蛍光灯なんだけど、これとほぼ同じ形状のLED)



「でしょうね。」ということ。

しかもこんな面倒で大規模な工事なのに全部で39億円でできるそう。(設計含む)

すごくお得じゃありませんか。

実際見学していると「これがほんまに39億円で足りるん?」と思います。

僕みたいに最近は店舗の改装しかしていない人間には「かけ離れた世界」だけど面白かったですよ。

その辺を歩いている「見た目普通のおっさんたち」が実は「すごいこと!!!」をしているわけです。

余談ですがこの東棟、建設当時は周りに高層の建物なんて無かったので「まるで戦艦」のようにめっちゃかっこ良かったそう。

今では和風テイストを持ち込んだモダニズム建築の傑作なんて呼ばれていますが、当時、金子知事に近しかった方に聞いた話では陰影の深いコンクリートの武骨な姿がまさに「海に浮かぶ要塞」だった訳ですよ。

・・地震時に何センチくらい動くのか聞いておけば良かった。 




 
 
寒いけど・・・。
2018-12-17
土曜日の夜に盛大に忘年会を開催しました。

忙しい中、来てくださった皆様、たいへんありがとうございました。

よく考えると「今年」飲みに出たのは初めて!。

昼間、遠くへ行くのは得意だけど夜はダメなのよねえ。

さてボーっとしたまま日曜の朝を迎えてメガネを買いに行ったりしてたんだけど、昼を過ぎて

「さて、一度バイクのエンジンをかけておこうか・・・」と思いゼファーを出してきてセルを回したら

「かからない!!!」。

これがキャブの悪い所で寒い時はホント微妙な感じになってくるのが悩みです。

散々セルを回してやっとエンジンがかかったのは良いけど、これでバッテリーの電力を相当使ったと思われるので仕方なく走りに行くことにしました。

雨は降りそうだし寒いし・・・だけど充電が切れると更に大変なのでとりあえず塩江あたりまで行くことにしました。

ひたすら「寒い」。

バイクで走っているのは僕くらい。

できるだけエンジンをブン回しながら塩江の道の駅まで行って、せっかくなので「甘納豆」を買って即帰る。

2018_12160001ついでに空港公園に寄ってみたけど、やっぱり人は少ない。

ざっと1時間余り走ったのでだいぶん充電できたかも。






2018_12160005更に走って三谷三郎池より。

晩秋を通り過ぎて冬枯れの感じ。

雨雲が迫って来たので一目散で帰る。


家にたどり着いたらポツポツと雨が降り始めた。

ラッキー!、間に合った。

50キロくらい走ったのでバッテリーもしばらく大丈夫だと思います。

そんな感じで日曜日は終わり。




 
 
4℃。
2018-12-15
今朝「寒いなあ~。」と思ったら

2018_121500034℃。

気温が一桁になるとバイクはキツいです。

このところ乗ってないのでそろそろエンジンをかけないとまずいのですよ。

今日は会社の忘年会。

自分で言うのもなんだけど

「今年は頑張った!!!。」と思います。

人生初の公共工事から店舗の改装を5件、ものすごく難しい住宅を1軒。

休日もそれはそれはいろんな所へ行って楽しかった。

全部全力でやり切った感じ。


2018_12150005今日は倉庫の片づけで1日終わってしまったけどすごくスッキリした。

まだ12月はまだ半分あって予定もギッチリだけど来年のために頑張ろう!。


 
 
B'z 「いつかのメリークリスマス」の椅子とは?。
2018-12-14
クリスマスも迫ったこの時期に流れる曲と言えばB'zの「いつかのメリークリスマス」。

なかなか切なくていい曲ですね。

そしてずっと謎なのが主人公が彼女のために「椅子」を買うこと。

しかも、それを抱えて「電車」に乗ること。

僕が思うその椅子とはこれだ!。


柳宗理柳宗理「バタフライスツール」!!。

オヤジはあの柳宗悦。

天童木工の純正品で6万円くらい。




これなら分解して電車にも乗れるし、お洒落女子が欲しがっても不思議ではないですね。

ニューヨーク近代美術館に収蔵されるほどの名品な訳ですが、実物を見ると

「ベニヤを曲げたヤツ」な感じで、ホームセンターで3千円くらいで売ってそう・・・。

などと思ってはいけない!!。

 
 
クリスマスケーキ。
2018-12-13
うちの会社はどういう訳か「クリスマスケーキ」を「支給」してくれます。

日頃お世話になっている会社から購入しているのですが、そこの配達が12月23日、24日と「お休み」なので会社にケーキが届くのが「まだ全然平日」の22日土曜日!。
 
「早すぎる!!!」

「クリスマスまでもたない!!。」

「クリスマスには空き箱しか残ってない!!。」

と話題沸騰です。
 
なるほどな発見。
2018-12-12
「美人」はマスクをしようがネックウォーマーをしようが、それを隠せない。
 
尾道後編。
2018-12-11
向島でとっても美味しいお好み焼きを食べた後「温泉に行こうぜ!。」ということで付近を検索。

まだ昼なので「しまなみ海道」を帰るか・・・となったけど大三島の温泉は以前行ってる。

しかも今治から高松は先々週走ったばかりなので気が進まない。

なので尾道に戻って適当なところを探したら「浦島温泉」というのがあったので行ってみました。


向島から橋を渡り尾道市街を走るのだけど、すごいアップダウンの連続でしかも「道が細い」。

自転車だとチェーンが切れそう。

ここは住みたくないなあと意見が一致。


DSC_255210分くらい走って温泉に到着です。

何棟かあって奥の「うら湯」に行く。

500円と安い。

しかも自販機で入浴券を買って無人の箱に放り込むという謎システム。

誰もチェックしないという「性善説」システムです。

僕らが「これでええんか?」ともたついていると、後から来た女性が

「ここに入れたらええんで」と無造作に券を箱に放り込んで行ってしまいました。

僕らも「やっぱ、これでええんや」ということで入浴。

源泉は17℃の冷泉でそれを沸かしているというよくあるヤツ。

そして「かけ流し」でもなくて「循環」。

特にヌルヌルするわけでもなく「いゃあ、温まるねぇ~!」という感じでもないけど値段が安いのにシャンプーもボディソープも付いてたし良かった。

露天風呂もあったしね。

そこを出たら2時頃だったのだけど、帰るには早すぎるのでちょっと離れているけど「鞆の浦」へ行ってみることにしました。

スタジオジブリの宮崎駿監督が「崖の上のポニョ」の構想を練ったとかで有名になったところです。

意外に遠く25キロくらいある。

2018_12090115小一時間走って到着。

道は狭い。

めっちゃ狭い。

高松の近くで例えると「世界の中心で愛を叫ぶ」の庵治のあたりに似ているけど庵治の方はたいしたわだかまりなくグイグイ埋め立てて新道を作ったので遥かに良く出来ていますね。



2018_12090109実は僕も友達も「崖の上のポニョ」は見ていない。

それより坂本龍馬率いる海援隊の「いろは丸」がこの沖で沈んだことを推してました。

ただ「ちょっと見て見たかっただけ」なので特に思うことも無かったけど立派に「観光地」してました。

「小豆島の人間がここへ来ても仕方ないよなあ」というのが感想。

瀬戸内海沿岸だと少なくとも淡路島から宇和島あたりまで特に変わった感じはしません。

どこへいっても「だいたい同じ」です。

そんなこんなで再び「遅い」山陽道を戻って5時半に高松へ帰ってきました。

320キロくらい。

今回はチョコレートにお好み焼きに温泉に観光地と盛りだくさんで面白かったですよ。








 
 
尾道前編。
2018-12-10
今年も終わりということでいつもの友達と遠出。
と言っても尾道方面なのでそんなに遠くもないかな。


DSC_2542とりあえず向島へ行き「USHIO CHOCOLATL」へ行ってみました。

以前、TVで見てチョコ好きとしては行ってみたかったのですよ。

パイオニアのナビに載ってないのでスマホのナビでけっこう苦労して到着。

あの淡路島の論鶴羽神社よりは広い道だったけどわりと行きにくい。

場所は山の中腹にある古いRC造の建物の2階。

ここは「カカオ豆」からチョコレートを作っているそうです。

あのバレンタインの「手作りチョコ」とか「手作りPC」とは根本的に違うのであります。



2018_12090105これが本当の「手作り」ですね。

いろいろ種類があって、カカオ豆の産地とかアレンジによって甘かったり苦かったり酸味があったりと面白い。




20181212161538516_0001パッケージもお洒落。(ここのHPに詳しく載ってます。)

地元のアーテイストの作品だそうです。

ただ1個700円~1,000円(税別)とけっこういい値段。



しかも思ってたよりかなり「小さい」。

めっちゃ小さい。

だから「みんなで分けて」とはならないですね。

なので結果としてゴディバあたりといい勝負ではありますね。




2018_12090104曇っている上に南向きの斜面なので南へ向いて写真を撮ると、もろ逆光。

たぶん晴れていたらきれいだろうとは思うけど、小豆島の人間なのでさほど感動とかは無しかな。

海は北側斜面から順光で見る方が平均きれい。

せっかく向島に来たので昼ご飯は「お好み焼き」にすることにしました。

以前、橋のたもとのあたりで食べたのが美味しかったので。



DSC_2549今回もスマホで検索して「一茶」というところへ行ってみました。

道は狭いけど「駐車場」があるので嬉しい。

















DSC_2546「Perfume」が一度来たらしく店内は「Perfume」のポスターとか」関連グッズで一杯。

おばちゃんに聞いたら

「それはそれはきれいだった。ライブに行くと更に良さがわかるで」

とのことでした。

こういうお好み焼き屋の「日常」の場面にパヒュームが立つと違和感というか、異次元の美しさですね。








DSC_2547「Perfume」も食べたという「特製」の「1玉」を食べる。

肉、卵、イカそれとモチが入ってる。

ソースはオタフクをベースにオバちゃんがブレンドしたものです。

900円くらいだけどかなりのボリュームで女子なら50円安い「半玉」で十分だと思う。

実際、僕らの後に来ていたカップルは1玉のを二人で分けていましたね。









DSC_2548←これね。

友達と「この後、尾道ラーメン行こうか」などと言ってたけど、とてもじゃないけど無理・・・という結論です。

すごく美味しかった!!。

なかなかここまでは来られないので高松ではハローズの「広島お好み焼き」でガマンしよう。

食べ終わった時点でまだ12時半くらい。



お腹いっぱいだし、次は温泉にでも行こうぜ。ということで次回に続く。
 
大掃除2日目。
2018-12-08
うちの会社は「歴史」だけはあって、その間潰れなかったのはたいしたもんだけど、その代わり訳の分からないものがいっぱいたまってる。

昨日に続き今日もその「訳のわからないもの」をひたすら捨てておりました。

何かの部品だけど折れていたり、数十年前のトイレの部品、どこかで使っていた有刺鉄線をわざわざ持って帰ったもの、大量のトラロープ、何かのフタ、何かの硬化剤、何かのハンドル等ホント「何でこんなものを置いてんの?」の嵐!。


DSC_2535なんか「made in italy」というわりにありふれたタイルとかあるんだけど、こういう中途半端な量ってどうしようもないんだな。



 
 
大掃除開始!。
2018-12-07
米津弦師の「フラミンゴ」のPVの真似は難しい。

あの気持ち悪い動きができない。

僕がやると実に「タコ踊り」になってしまう。

かなり高度なテクニックが必要。


さて、激動の1週間を経てなんとか現場も終わったので今日から「大掃除」。

まず半分ゴミ屋敷的な倉庫から。

歴代の連中が何一つ片づけていないのでいるのやらいらないのやらゴミとも何とも言えないものばっかり。

笑ったのが缶いっぱいに入った「曲がったビス」。

なんでこんなものを後生大事にとっておいたのかわからない。

また木造の「に」とか「と」とかの構造金物類」も大量にあったけど、それを固定する「ビス」がバラバラで訳がわからなくなっていて、こんなもの怖くて使えないので破棄。


そんなこんなでとにかく捨てまくったら最初の1/4くらいになった。

これだけ片づけても、面積で言うと倉庫のまだ1/10くらいなので、これからもがんばろう。
雑賀工務店
〒760-0074
香川県高松市桜町2丁目8番10号
TEL.087-833-5544
FAX.087-837-3565

───────────────
土木建築設計施工、不動産取引業
───────────────
<<雑賀工務店>> 〒760-0074 香川県高松市桜町2丁目8番10号 TEL:087-833-5544 FAX:087-837-3565