雑賀工務店|香川県高松市を拠点に店舗や公共事業の建築・施工、不動産物件・土地探しからリフォームまでトータルにお手伝いさせて頂きます。

qrcode.png
http://saiga-k.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 
 
吉田秋生゜海街diary9巻」
2019-01-22
もう長い事続いていた吉田秋生さん「海街diary」もとうとう9巻で終わりとなりました。

2019_01210001その長い連載期間の中で実写映画化もされていますね。

ほぼ「新星のように現れた広瀬すずちゃん」のPVみたいな映画でしたがそれはそれで大変良かったです。(主人公の名前もすずだし)



そして最終巻。

並行する物語が収斂し、納まるべきものがちゃんと納まった感じ。

時々フッと現れるシリアスで極めてシャープな絵がたまらないです。

さすが吉田秋生さん、といったところでしようか。

2019_01210002帯を見ると30年くらい前の傑作「BANANA FISH」が再販されるらしい。

我が家の本は色が抜けてしまったけど、これは面白いですよ。

お勧めです。

当時の女性漫画家で唯一「大友克洋タッチ」をものにした方ですね。




 
 
同級生の死。
2019-01-21
LINEで高校の同級生の死を知る。

やっぱりショック。

大きな企業の役員までしていたらしい。

有能なんだろうなあ、惜しいなあ。

僕みたいに近くのスーパーへ昼ご飯を買いに行くだけなのに道を間違えて超大回りになるという「ボーっと生きてる人間」とはえらい違いだ。

昔々、高校生の頃なんか将来に全く不安なんか無くて、普通に結婚して普通に子供が出来て普通に年老いていくもんだと思っていた。

最近は友人、知人が立て続けに癌の手術をしていて「僕もそういう歳になったんだ」ということを痛感する。

吉村明美の「薔薇のために」の中でヒロインが好きな男が忘れられない昔の恋人が「おばあちやんになりたかったなあ・・・」と言って若くして死んでしまうのがあるけど、今になるとよくわかる。

ホントに普通に「おじいちゃん」「おばあちやん」になるのは結構難しいのである。
 
似ているけど・・・。
2019-01-19
昨年末に当て逃げされた僕の愛車プリウス30を板金に出したら代車が来ました。

2019_01190001なんと同じ赤のプリウス。

ただし「後期型」で約6万キロ走っているもの。

会社の前に停めているけど誰も「車が替わった」のに気がついていません。

もっとも人の車なんてどうでもいいので当たり前ですけどね。

見た目が「ほぼ同じ」なんですが、インテリアとか微妙に違う。

まず「純正ナビ」がものすごく見ずらい。

ティルトで起こしても画面が反射してほとんど見えない。

みんなどうしているんだろう?。

そして乗り心地。

後期型になってだいぶマシになったという話だったけど、そんなに良くない。

ぼくの前期型とも違うガタガタ感があって「やっぱ、リジッドはあかんのんなあ・・・」とか思うけど次期「アクセラ」はマルチリンクからリジッドになるようでよくわからないですね。

2019_01190002そしてけっこう変わっているのがエンジンルーム内。

前期型の生産性が悪かったのか、かなり「スッキリ」しています。

特に向かって右奥が「何か無くなった感」を感じるほどスッキリ。

だけど出足は良くなっているみたいでよく走ります。

こういう感じだと先日出たばかりの現行型のマイナーチェンジ版はだいぶいいんじやないか。

いつも言ってるんですが、車も家も同じなんですが、やっぱり一日でも設計年次が新しいのに限りますね。

 
 
クーリッシュ「ベルギーチョコレート」
2019-01-18
マズい!。

「1月は去ぬ」というけど、わけのわからないままもう18日。

夜明けは変わらないけど日没がどんどん延びて「日が長くなった」のを実感します。

夜な夜な昼間録画した「アンナチュラル」の石原さとみちゃんを見て「ええ娘やのう~!」とか言ってる場合じゃないのでした。

今日は以前終わった現場の更に改良案の為、現地へ実測に行ってました。

遊びに行くときは200キロ、300キロ平気なのに仕事だと軽トラで30キロ走るだけで「眠い・・・」。

そこで役に立つのが大好きなクーリッシュ!!!。

2019_01180009今日はいつものバニラじやなくって「ベルギーチョコレート」にしてみましたよ。

実は初めて見たんだけど、とっても美味し~いです。

実測に行った現場で売っているので助かる。

しかもこれを食べてる間に10キロくらい走れるので退屈しなくて済みますね。






 
 
さぬき市 大山牧場。
2019-01-17
先日TVを見ていたら石田靖くんがさぬき市の「大山牧場」を訪問していてソフトクリームを食べていたのが美味しそうだったので行ってみましたよ。

ここのアイスクリームそのものは道の駅みろくでよく食べているので「初めて」ではないのですが「本社?」へは行った事無かったのでひとつ行ってみようということです。。


長尾街道バイパスを東に走って道の駅みろくの手前で北へ曲がり、そこそこ走って東へ曲がる・・というルートだったのですがナビが言う「左折です」というところに「道」が無い。

仕方ないのでスマホの地図を頼りにたぶん圃場整備の中の細ーい道を走っていくと「サイロ」らしきものが見えたので行ってみました。


到着!。

南から来たのは僕くらいで、みんな北から来ているみたい。

わんさか人が居る、特に子供が多い。

DSC_2641牛。

舌が長くて自由自在。

猫みたいに前足をそんなに使えないせいかな。

子供たちが道端の草をむしってあげていた。

子供はこうじゃなくっちゃ!。

ちなみに麩菓子のようなエサも200円で売ってます。

動物にエサをやるのって面白いですよねえ。

僕は動物園に行くとエサをあげられるヤツはたいていあげてますね。



DSC_2645ヤギ。

口が小さくてかわいい。

毛を触った感じも柔らかい。

他に羊もいますよ。

純正「羊毛」だけど触るとホコリの混じった油っぽい感じ。








DSC_2646馬。

毛がバシバシ!。

顔、でかい。

かわいい。










DSC_2647やっと目的のアイスクリームでございます。

一度治ったテニス肘が再び悪化して、この状態でもアイスが「重く」感じるという情けなさ。

アイスそのものはやっぱり美味しかったです。

牛乳からそのまま作ったという感じのさっぱり系です。

ジャージー牛の牛乳を使ったシュークリームも美味しかった。

やっぱり動物と触れ合うのは楽しい。

「孫」が大きくなったらここへも連れてきてやろう!・・・と思うのでした。
(まだ3か月半だけどね。)
 
 
遠くへ初詣。
2019-01-15
例年、友達と與田寺と田の口薬師へ初詣に行ってますが今年は全然違う所へ行ってみました。

OI000239友人を高松港まで迎えに行くと、日本でも屈指の客船「パシフィックビーナス」が居た。

デカい!、かっけー!。


いつもは9時発なんだけど、いろいろあって11時出発となり、とりあえず高松テルサの「パンフェスタ」に行ってみました。

着いてみたらすごい人出。

あと77日で「閉鎖」となる施設とは思えない。

友人はどっさり、僕は3個ほど購入。

そして出るとき駐車料300円を払ったら警備の人が来て

「あ~あ、お金入れたんな、今日はタダで良かったのに~。」と言う。

で、それが返ってくるわけでもないみたい。

じゃあ、最初からゲートの電源を切ってバーを上げとけよ。なんという段取りの悪さ。・・・という話でやっぱりダメなところはダメなんだ・・・というところかなあと友人と納得!。

「閉鎖」やむなしですな。

高松ICへ向かいながら「四国の初詣スポット」と検索していたら高知以外すべて行ってる。

いろいろ検索して西条の行った事の無い神社に行ってみることにしました。

DSC_2631「伊曾乃宮神社」というらしい。

なんというかものすごく雰囲気がいい神社です。



DSC_2636神明造りというのかなあ、平入りで屋根が檜皮葺きで千木とカツオ木が載ってます。

実に荘厳で清々しい感じですね。



DSC_2633石段も自然石に最小限の手を加えただけの加工で歴史を感じさせてくれます。

この適度に古びた感じがいいですね。

心が洗われますなあ。


友人がスマホを見ながら「かなりのパワースポットらしいで」と言うけど、すごくそんな気がします。








一通りお参りして、そのすぐそばの「石鎚神社」へも行ってみることにしました。

せっかくここまで来たので。


DSC_2638100段あるかないかの階段を二人して息絶え絶えに登る。

こんな事では金毘羅さんなんか到底無理!。

ここはRC造の大きな社殿となっております。

ここでも一通り昨年無事過ごせた感謝と今年の安寧をお願いしてきました。

このあと、遅い昼食をとりに以前一度行って美味しかった海の方のマルトモ水産へ行ってみたけど、むちゃくちゃに人が居たので断念。

結局道沿いのたまたまあったラーメン屋でラーメンを食べて帰ってきました。

途中で昨年手術をして療養中の大阪の友達の病気平癒をお願いするのを忘れていたのに気が付いたけどまあいいか。
 
またどこかでお参りしよう。

DSC_2639港に着いたらちょうどパシフィックビーナスが出港するところでした。

天気も良くわりと暖かく実に「初詣」にふさわしい一日でした。










 



 
 
プリウス30のヘッドライト交換。
2019-01-12
かれこれ9年半,15万キロ乗っている僕のプリウス30。

経年変化もあってライトが暗く感じてきたのでランプをハロゲンからLEDに換えてみました。

2019_01120001←これ。

Amazonで5千円くらい。

安い!。

タイプとしてはH11というヤツでバイクなんかのH4と比べるとだいぶコンパクト。

中国語と微妙な日本語の取説が付いていますが、ただ換えるだけなのでこれで十分。

左は簡単だけど右側はラジエーターのリザーブタンクのステーとかホースが邪魔してまともに見えず手もまともに入らないので

「ブラインドタッチ」。

なんとかねじ込んだらバラストというか小さなプラの黒い箱に接続して、さらに元のコネクターに接続して終わり。

それらをガタつかないように両面テープなどで邪魔にならないところに固定します。

作業そのものは凄く簡単。


2019_01110002交換してびっくり!!!。

バチッと白い光でくっきりですね。

思っていたよりはるかに明るい。

元は上のポジションライトと同じ感じだったので感激しました。

光軸もたぶん合ってる。

あとは「耐久力」だけど30分くらい走っても配線はさほど熱くもなっていないのでまあまあいけるんじやないかと思ってます。

 
 
最近読んだ本 羽海野チカ「3月のライオン」14巻。
2019-01-10
冬至から3週間近くたって明らかに日が長くなり、自動車好きとしては、どう考えたってカルロス・ゴーンさん「そんなに大騒ぎするほど悪くないんじゃない?」と思う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。


2019_01090030さて最近読んだ本羽海野チカ「3月のライオン」14巻。

昨年から将棋界は藤井聡太くんや他の若手棋士が台頭してきて活気にあふれていますよね。

この物語にもそこのところが多少影響してくるのかなと思っていたけどあまりそうでもないみたい。

むしろ淡々と丁寧に桐山を中心とした人間関係を描いております。

「切なさ」を書かせるとこの人は上手いですねえ。

今回はは作者の前作品「ハチミツとクローバー」(傑作!)のメンバーが出ていてちょっと嬉しい。

真山にはぐちゃんにリカさんも元気にやってるらしい。

細かい書き文字が多いので老眼には厳しい読みにくい本ですが大変良かったです。


 
 
最近読んだ本 葉室麟「草雲雀」。
2019-01-09
昨年の大晦日、小豆島へ渡るフェリーの中で読んでいた本。

2019_01090029葉室麟「草雲雀」。

武家は長男でないと家も継げず職にもつけず下手すると一生部屋積みという悲惨なことになるのてすが、たまたま養子先から生家に戻され家督をついで老中に「なれるかも知れない」幼なじみに「いろいろ命を狙われることもあるかもしれないので用心棒を頼む」と請われ、成功した暁には藩の剣術指南役にしてやるという成功報酬のために働くことになった男の話です。

その友達もいいヤツなんですが、この主人公の嫁さんもすごくいい人でラストシーンは本当に感動します。

時代小説なんですが、すごく読みやすいしとってもスイートな恋愛小説でもあります。

年末になんとなく買って読み始めたら止まらない。

結局、紅白歌合戦を見ながら読んでいたのですが、これがなかなか良かった。

元日は御雑煮を食べた後、珍しく読み返しました。

お勧めです。

著者の葉室麟さん、ご本人が亡くなって早一年となるらしい。

惜しい人を亡くしたなあと思います。
 
 
獣道。
2019-01-08
「獣道」・・・なんていうとハードボイルドピカレスクロマン的なことを思うけど、うちの小豆島の実家に存在しています。

何年か前は「シカ」が使っていたけど今は「イノシシ」。

以前は全くいなかったのに人口の減少等で山に入る人がいなくなったせいもあり我が物顔でうろついてます。

実家のすぐ上の畑に地区の人がイノシシ除けの柵をしてくれているんですけど、どうしても川とか道は閉めようがないのでそこから出てくるみたい。

2019_01040010これは下の住宅の敷地から登ってくるところ。

石垣を崩しながら無理やり登ってくるのでタチが悪い。

もっともタチのいいイノシシなんていないんですけどね。

なのでこの近所はもう夜は危険なのでうかつに出歩けない。

高松っていいなあとつくづく思います。

昔は「山犬」というノラ犬の強烈なのがいてイノシシの天敵だったらしいけど病気と駆除でいなくなってしまった。(何頭かの群れで眼つき悪し)

従って現在はイノシシのやりたい放題。

山に犬を放ってもいいかもともチラッと思うけど、これはこれで山の中で出会うと震えあがるほど怖いので難しいところですね。



 
雑賀工務店
〒760-0074
香川県高松市桜町2丁目8番10号
TEL.087-833-5544
FAX.087-837-3565

───────────────
土木建築設計施工、不動産取引業
───────────────
<<雑賀工務店>> 〒760-0074 香川県高松市桜町2丁目8番10号 TEL:087-833-5544 FAX:087-837-3565