雑賀工務店|香川県高松市を拠点に店舗や公共事業の建築・施工、不動産物件・土地探しからリフォームまでトータルにお手伝いさせて頂きます。

qrcode.png
http://saiga-k.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 
 
季節到来!!!。
2020-04-16
世の中、新型コロナによる影響でなんかギスギスしてますが、僕ら「バイク乗り」にはやっと季節到来。

「あったかくて嬉しい~!!!。」

走っていてももう「寒くないぜぇ!」。

オイルもちょっと軟らかくなった感じでエンジンの音も軽やか。

2020_04160001という訳で今日はバイク通勤です。

いつもの660CC、3気筒の軽トラと違って750CC、4気筒はやっぱり滑らかだしパワーは倍くらいあり車体の重さは1/4くらいなので圧倒的に気持ちいい。


最高やね、

さて今、いろんな会社から「営業時間を短くします」とか「ショールームをしばらく閉めます」とか連絡が来ているので「現場が無くなってしまい特にすることもない」うちの会社も時短営業で「いつもは5時半だけどもう5時で帰ろうぜ!」ということになりました。

なので帰りはちよっと磨いてから帰ろう

えへへへへ


 
 
龍角散のスプーン。
2020-04-15
喘息気味な僕が愛用している「龍角散」。

その付属品の「スプーン」が問題。

プラ製で直径1センチくらいの極小さなスプーンだけどこれに難有り。

2020_04150001その小さなスプーンになぜか小さな穴が3つも開いてて、飲もうとするとここから龍角散がボロボロこぼれるわけ。

もしかしちら超微粉末のため「底」に空気入れるためかもしれないけど、それなら穴は1つでいいような気がいたします。


僕の飲み方のタイミングが特に悪いということは無いと思うんだけどなあ。

うちの制服は濃紺なのでよだれ状に白い粉がついてカッコ悪いのなんの。

しかも微粉末なのではたいても取れない。

なんとかならんかのう・・・。

さて、うちの女子が育てているチューリップが咲きました。

2020_04150003日当たりがすごく悪い所なのに頑張って咲いた。

桜もチューリップも人間界のごたごたなんか関係ないからね。





 
 
B'z LIVE-GYM Pleasure208 -HINOTORI-。
2020-04-14
 
いよいよすることが無くなり昼から事務所でYou tubeでB'zのライブを見ておりました。

(ところどころで入札物件の見積もりも入力しながら・・・)

その名も「B'z LIVE-GYM  Presure 2018-HINOTORI-」。

めっちゃ感動!。

物すごい舞台装置と超圧巻のライブパフォーマンス。(採算合うのかなあ?レベル。)

すごいの一言に尽きますね。

2017_02020001結成30周年のツアーとかで、楽曲も知ってる曲ばかりで良かった。

そしてなにより「カッコいい!!!」。

僕の知り合いに熱烈なB'zファンの子がいるけど「なるほどなあ」と納得しました。

全ての曲がB'zの「名曲」と言ってもいいんだけど、僕が特に良かったと思ったのは「LOVE PHANTOM(HINOTORI版)」と「Brotherhood」「ギリギリchop」。

どれも味わい深いです。

全部で2時間40分とけっこう長いのだけど稲葉さんの圧倒的歌唱力、松本さんの超絶ギターテクであっという間に終わってしまう。

僕はB'zのライブに行った事無いんだけど、稲葉さんも松本さんもMCには「敬語」で話しているのにはちょっと意外。

もっと「普通」な感じなのかと思ってた。

なんか人柄が現れてますねえ。

いいですねえ。

2016_10180028それにしても、どうもDVDで売ってるヤツを全てYou tube上に公開しているそうで太っ腹。

これもかっこいい。
 

敢然と国難に立ち向かってますねえ。

DVD買おうかなあ。

家のもっといいスピーカーで聴きたいなあ。

2020_04140011生きていくうえで最低「衣・食・住」あれば生きてはいけるのだろうけど、やっぱり音楽とかないと生きていてもホントつまらない。





帰りはB'zのCDを聞きながら帰ろう。

♪We''ll  be alright  ~♪ やね。 









 
 
雨の日は本を読んで。
2020-04-13
大好きな「不要不急な外出」を止められているため昨日の日曜日は一日中家に籠って読書。

雨も降っていたのでバイクを磨く気にもなれずといったところです。

寒いのでこたつに入ってとっかえひっかえ読んでいたのですが、その一つがこれ。

海上自衛隊毒島力也「自衛隊「装備」の全て。

出版が2016年とちょっと古いけどこれを読んでいて今まで思っていたいろいろな「謎」が解けた。(この頃「いずも」は出来ていたけど「かが」はまだ建造中。)


「海上自衛隊」の目的はもちろん「国防」・「広大なシーレーンの防衛」なんだけど、「装備」の主な目的は「潜水艦対策」だった。

コロナウイルスもそうだけど「見えない敵」というのは面倒ですからねえ。

全通甲板でほぼ空母のような「いずも」「ひゅうか゛」大きいしかっこいい。

DSC_3100ここ20年くらいに次々と投入されている「イージス艦」もかっこいい。




以前、しまなみ海道の橋の上から護衛艦が通るのを見ていたけど、非常にスマートで抵抗の少ない船型のためか「ほとんど波を立てていなかった」。

潜水艦は地味だけどX型の舵を持つ「そうりゅう型」もかっこいい。

2016_12040002とにかく日本の艦船は至る所が「凝って」いるので見栄えがしますね。

高松へ来ないかなあ。




また長い事「なんで?」と思っていた同じく全通甲板を備えた「おおすみ」のブリッジが中途半端に大きい件。

これはこの本によると「おおすみ」は「輸送艦」で護衛艦ではないらしい。一見空母だけどヘリの運用設備は無いし、あの大きな甲板の前半分は「トラック等」を載せるものだそう。

なるほどねぇ。

OI000004輸送艦、補給艦の他に「掃海艦」というのがあって「うらが」が時々高松にも来るけど、この仕事は現況でもとんでもなく危険。

けど主な資源の輸入は海上輸送しかない日本にとってはなくてはならないものなので頭が下がります。


知らなかったけど日本は「哨戒機」をやたらに持っていてアメリカに次いで2位らしい。

しかも国産で「P-1」とか4発ジェットのすごいのも持ってる。

自衛隊も先の戦争で「なぜ負けたか」をずっと研究しているらしく、その結果が現在の「装備」となっているようです。

この本の面白いのは全装備の「主要諸元」に全て「値段」が書かれていること。

「いずも・1170億円・・・あきづき型・750億円・・・」等で乗組員も1艦あたり何百人となっているので、とにかく「艦隊」を維持するにはとんでもないお金がかかってる。

しかも最近の船や航空機を動かしているは超高度な専門職の皆さんなので「素人」ではどうにもならない。

しょうもない紛争で、この貴重な人たちを失うわけにはいかない。

という訳で「世界が平和でありますように・・」と祈らずにはいられなくなる本ですよ。 

そして、やっぱり船はかっこいい。




 
 
大林監督の「青春デンデケデケデケ」
2020-04-11
大林宣彦監督が亡くなられました。

最近はご病気になられて見た目にもそんな感じだったので残念です。 

謹んでご冥福をお祈りいたします。

大林監督と言えば「尾道三部作」。

「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」ですね。

80年代半ばくらい?。

原田知世さんは今でもきれいですよねえ。

僕らくらいの年齢の人間が尾道に行くと「ああ、これがあれかあ・・・!」と感動するやつです。


2020_04110001それと忘れてならないのは90年代初頭の頃、香川県観音寺を舞台に作られた「青春デンデケデケデケ」。

なんせ現地ロケだったので当時の観音寺の様子が克明に撮られていて面白い。



公開当時、観音寺にはボロボロだったけどまだ「映画館」があって当時買ったばかりの僕の愛車カワサキ ゼファー750で「映画公開記念上映会」かなんかみたいなのを見に行った記憶があります。

(うちの両親の実家が観音寺なので土地勘というか多少馴染みがあったので「映画館」まで行けた。ちなみに「観音寺」という町は都市計画的な発想が皆無のため道がむちゃくちゃで素人ではまず目的地にたどり着けないので有名だった。そもそも国道が市街地を大きく迂回している時点でおかしい。    今は「多少」マシになったけど観音寺で5年くらい働いていた僕でも11号線からナビ無しで一発で観音寺駅まで行けるかというと今でも自信がない。)

そしてこの映画の面白いのは芦原すなおさんの原作に非常に忠実に作られていること。

ふつう、もうちょっとアレンジしてバンドメンバーに女の子を入れるとかしても良さそうなものだけどあくまでも「リアル、男ばかりでつるんでいる現実的な高校生男子」「観音寺の田舎」または「田舎の観音寺」にこだわったみたい。

おかげで当時の風俗をキッチリ記録することができたわけでこれは感謝しかないでしょう。

こういうところが後の本広監督の「UDON」につながっているのかも知れない。

撮影が冬だったらしく、なんとなく風景が茶色っぽくて「ちっくんの初デートシーン」なんか瀬戸内の夏の抜けるような「青」になっていないのがやや惜しまれるけどすごくいい作品です。

まだ「高校生」の浅野忠信くんも出てますよ。

とても長い映画だけどお勧めです。
 
 
ヒマ~。
2020-04-10
新型コロナのせいでやるはずだった工事が中止になりがっかり!。

ここ何年来なかったくらい「ヒマ」。

入札物件の見積もりもしているけど、これも取れる確率は非常に低くてあてにならない。

なのでやっていても全然テンションが上がらない。

まあ、世の中飲食とか宿泊関係とかはうちより大変だと思うのであまり愚痴も言えないかなあ。

朝から見積もりをしたり相変わらずMVを見ながらボーっとしていたのですが、昼からは某店舗の雨漏り修理。

これがまた直るか直らないかわからないというもの。

2020_04100007板金屋さんと「これかなあ・・・?」とか言いながらシールを打っていくのだけど全然直る気がしない。

そのくらい雨漏り修理は難しい。

ただ、それも2時間くらいで終わってしまった。


というわけで「何か仕事来ないかなあ・・・」と思う今日この頃です。

せめて何か書く図面でもあれば精神的には楽なので、高松近辺で住宅でも店舗でも計画されている方、是非お声をかけてくださいね。

いい仕事しますよ。

 
 
三谷予想。
2020-04-09
最近、数学の難問中の難問「ABC予想」を京都大学の望月先生が解いたらしいとニュースになっていましたね。

そもそも「ABC予想」が何かわからないし、それを望月先生は全く新しい理論を生み出して、それから解決したという話で、しかも世の中のプロの数学者も大半は理解出来ていないというもう想像を絶する世界です。


さて、今年1月半ばから湧き起った「新型コロナウイルス騒動」。

ついに緊急事態宣言も出され大変です。

在宅仕事が増えたということで欧米を中心に一日中家に居るストレスで「DV」とか「DV離婚」とかに発展しているらしい。

と、ネットのニュースで見たけど果たしてこれはどうなんだろう?。

世の中、こんなギスギスした夫婦ばかりではなく「仲のいい夫婦」はもっと多いはず。

というわけで来年の今頃はもしかしたらちょっとした「ベビーブーム」になってるんじゃないかと思っています。

「三谷予想!」ですね。
 
本棚を作る2.
2020-04-08
先日より作っていた「本棚」もだいたい完成。

さて塗装となったのだけど「ペンキ」というのは意外と高いのでそのへんにあった塗料を使うことにしました。

以前、店舗の改装時にペンキ屋さんがタッチアップ用に「キムチのプラ容器」に入れて残しておいてくれたのでありがたく塗らせていただくことに。

ただ絶対量が少ないのでシンナーで3倍くらいに伸ばし「とりあえず色が付いたらいいわ」レベル。

刷毛で適当に塗りつけて布で拭きながら伸ばしていきます。

DSC_0401まあ、杉の木目も適度に浮き出て「ペタッ」と塗るよりははるかに「お洒落」な感じになりました。

たまたま残っていた古いシナベニヤを背板に使うことにして、これも塗装。

本当にお金をかけずに、まあまあいい感じに仕上がりました。

天板に余っているイタリアのタイルを貼っても面白かったかも・・・。

大きさをH900、W750と150の倍数にしたので、多少の発展性も持たせているんですよ。

次は何を作ろうかなあ。
 
MV.
2020-04-07
このところ現場もないので主に入札関係のデスクワークをしております。

午前中はNHKのラジオとかも聞いていますが午後は主にYou tube のMV。

米津玄師くんとかあいみょんとかGLAYとかB'zとかタダでいろいろ聞けるのがいい。

しかもバックグラウンドで聴いていたらCMも入らない。

素晴らしい!。

このところ気に入ってるのはついこの前NHKのラジオ深夜便で知った「半崎美子」さんと「乃木坂46」と「Aimer」。

半崎美子さんは以前にも書いたけど、やっぱり上手。

そして乃木坂46。 

実は例のあの人プロデュースというのを半ばバカにしていたのだけど「インフルエンサー?・・・ごっつええやん。Sing out!  ・・・めっちゃええやん!!」な感じ。

みんなきれいだし。

いつも思うけど本当の「プロデュース」ならいろいろな作曲家、作詞家を手配して世界を広げてあげて欲しい。

古い話だけど松田聖子、山口百恵、小泉今日子さんら80年代アイドルの成功の一つはユーミン、谷村新司、財津和夫、大瀧詠一、宇崎竜童、さだまさし、高見沢さんなど当時の有り余る才能からの「名曲」に恵まれたことにあるのは間違いのないところ・・・なので。

そして「Aimer」→「エメ」と読むらしい女性の歌手。

最初「エイメール?」サッカーが上手いのかなとか思っていたけど浜辺美波ちゃんを使ったMVがめっちゃいい。

はるはいく「春はゆく」「I beg you」なかなか耽美的でこの辺の表現力は美波ちゃん「さすが女優さん!」という感じでぶっちぎっていますね。



曲もなんかよくわからない世界観をよくあらわしていると思う。

全然知らなかったけどアルバムもたくさん出ていてすごい人らしい。

おじさんはCD派なのでCDも売っているのはうれしい。

菅田将暉くんたちも頑張っていてJ-POPの世界は僕の全く知らない間に次のフェーズに入ったのでした。(毎日毎日ラジオ聞いていたのになあ・・・。)

という訳で「今」って本当にいい時代だなあと思いますねえ。

 
 
夕日を藻に行く。
2020-04-06
♪菜の花畑に入日薄れ~♪。

桜満開、だけど新型コロナ感染も怖いので昨日の日曜日はほとんど一日じっと家にいたのですが、さすがに飽きてきたので夕方五色台のさぬき五色台の「駐車場」へ「夕日を見に」行って来ました。

ここは眺めがいいのでね。

下は12℃とわりと暖かだったけど上は「8℃」で寒い。

途中の元の有料道路も普通の桜や山桜、なんか白っぽい桜も満開ですごくきれい。

「こんなに桜の木ってあったっけ?」と思うくらい。

DSC_0400日没まで10分くらいかな。




もう夕方と言っても6時20分くらいだったのでほとんど人も居なくてなかなかいい感じ。

本島とか広島越しに見ているので夕日が沈んでいくのは福山あたりかなあ。

小豆島にいた頃は普通に夕日を見ていたけど、高松だとそんなに熱心に夕日を見ることも無いのでなんか新鮮でしたねえ。
 
雑賀工務店
〒760-0074
香川県高松市桜町2丁目8番10号
TEL.087-833-5544
FAX.087-837-3565

───────────────
土木建築設計施工、不動産取引業
───────────────
<<雑賀工務店>> 〒760-0074 香川県高松市桜町2丁目8番10号 TEL:087-833-5544 FAX:087-837-3565