雑賀工務店|香川県高松市を拠点に店舗や公共事業の建築・施工、不動産物件・土地探しからリフォームまでトータルにお手伝いさせて頂きます。

qrcode.png
http://saiga-k.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 
 
お洒落キッチン。
2019-04-25
ここ2年くらい1000㎡程度の店舗の改装ばかりしているけど、その間にお客様の依頼で100㎡ちょっとの住宅のリフォームをしてます。

わずか2週間。

だいたい終わりました。

DSC_2875キッチン。

古い年代物のシステムキッチンを最新のTOTOのクラッソに交換。

やっぱりあか抜けてますね。

奥の壁はわずかにキラッと光るシルバーのライン入り。

けっこうかっこいい。











DSC_2874 (1)バック側。

パインでカウンターと棚と食器棚を作ってみました。

ちなみに扉にはチェックのガラスを使ってます。

それに以前の現場で余ったプラネットコートが一缶残っていて、それがたまたまいい色だったので使ってみました。

棚受けはお客様がAmazonで買ったもの。

壁のクロスはお客様が見つけた花柄でかわいい。

奥のリビングはグレイッシュなフロアを既存の床の上に貼り増し。

あんまりお金かかってないけど、なかなかいい感じでしよ!。
 
かわいい!。
2019-04-24
今朝、現場で柵にもたれて足場屋が来るのを待っていた時の事。

近所の保育園の子供たち20人くらいが散歩で通りかかって、その先頭の子が「こんにちはぁ!」とあいさつしてくれたので「あっ、こんにちは」と返したらこの後につづく全員が

「こんにちは」「こんにちは」「こんにちは」「こんにちは」・・・と口々に全員が可愛くあいさつしてくれました。

もうなんかめちゃくちゃかわいい!!!。

みんな元気でおりこうさんです。

とっても幸せな朝でした。
 
それにしても酷い話
2019-04-23
池袋で若い親子二人をひき殺した爺さんが「アクセルが戻らなかった」と言ってるらしい。

しかも息子に電話はしたけど救急車は呼んでいないらしい。

何の落ち度もない親子が殺されてしまったのに言い訳にしてもあまりに酷いと思う。

要は自分がしでかしたことについて全く反省していないという事やん。

トヨタに喧嘩を売るという度胸だけは認めるわ。

僕は免許を取って40年。

ありとあらゆる車で50万キロ以上走っているけど「アクセルが戻らなかった」なんてことは一度もない。

って言うか100人いたら100人、そんな経験は無いと思う。


2019_03240005ちなみにバイクはアクセルを開けるだけでなく閉じる方向のリターンワイヤーも付いているので

絶対に「アクセルが戻らない」ということは無いんですよ。

もっともバイクでアクセルが戻らなくなると確実に「死ぬ」。

整備するときややめんどくさいけど何気にシンプルなフェールセーフな思想なのです。


酷い話と言えばノートルダム大聖堂の火事で寄付が集まったらそれを寄こせとか、スリランカの無差別テロとか、なんとかこう平穏にならないものかなあと思いますね。
 
謎仕様。
2019-04-22
今日は有る施設にあった小さな貯水槽の解体をしてます。

2019_04220022貯水槽と言っても貯水できるのはせいぜい10トンくらいなんだけど、基礎がバカみたいに丈夫。

下駄を逆さにしたような基礎が「貯水部」とほぼ何も入って無い「ポンプ室」に分かれているんだけど、その重さ20キロないポンプの下が「コンクリートの塊」という謎仕様。

しかもコンクリートがむちゃくちゃに固くD16の鉄筋まで入っていてお手上げ。

小さなユンボに付けたブレーカーでは歯が立たず大きなのに換えたけど、今度はそのブレーカーの作動油が不足してパワーが出ないというアクシデント。

音も気になるし大変だ。
 
音と臭いは難しい。
2019-04-19
今日はお客様から2件電話があって、うちが施工したわけじゃないけど現場へ行ってみる。

2019_041900521軒目は店舗の社員用キッチンが臭うというもの。

シンクとキャビネットが臭いというので見てはみたけど「わからない・・・」。

もしキッチンのトラップが外れていたら「原因はこれだ!」ということになるんだけど、そうではないみたい。

排水はVPでガッチリ固定しているので臭いが上がる要因が無い。

という訳で「トラップのフタをきっちり閉めてください」くらいしか言うことが無い。

2件目は店舗の冷凍機などの室外機の音が深夜まで鳴り響くというもの。

現地で一目見て「機械が古すぎ。今時「頑張ってやってまっせ!!!」みたいなこんな機械はどこも使ってないですよ」で終わり。

交換したら数百万円~、店も在庫を無くさないといけないので一時休業かな。

しかも「音がしない」はずのキュービクルから換気扇以外の何かが震えていて「ンンンンンンン」みたいな振動が出てる。

防音壁とかシートも完全に音を漏らさないのは不可能。

さらに「やったからと言ってぜロにはならない、やってみないと解らない」

という訳で、全部で120キロくらい走ったけど、具体的な成果は無しという結果でした。

もう訳わかんない。

音と臭いは難しいですねぇ。



 
 
男3人旅3・・・君と歩いた青春。
2019-04-18
2から続く。

高知市内を西へ進み伊野ICから四万十市を目指す。

昨日とうって変わって雲一つない晴天です。

高速が終わり国道56号線を更に西へ。

高知は広いねえ。

2019_04150991道の駅「ビオスおおがた」で一休み。

月曜なのに大勢のサーファーで賑わっています。

そこから更に走って、やっと四万十市に到着。

四万十市というより「中村」の方が僕らにはしっくりくるかな。

友達の一人が「沈下橋見たい」というので四万十川の一番下流にあるという沈下橋を目指すわけだけど、何気に遠い。

DSC_2847「沈下橋」というからしょぼいのを想像していたけど、実物を見ると結構立派。

川面からも4mくらいあって高い。


2019_04150998欄干が無いので、これは怖いです。

さすが最後の清流だけあって水も透き通っていてしっかり底まで見えるけど水深は軽く3mくらいはありそうで

車で落ちると・・・たぶん死ぬ。


2019_04151003_LI増水時は川面から+10mくらいまで水が来るようでむちゃくちゃ。

←矢印のとこね。

これは怖いですねえ。


そこを出て一旦市街へ戻り宿毛周りで宇和島へ向かいます。

とってもきれいな宇和海を左に見ながら北へ走るんだけど、やっぱり遠い。

当初の予定では昼頃宇和島の予定だったけど、マスターズと沈下橋で想定より時間を食ったのでとにかく走る。

結局、昼ご飯を食べたのは伊予灘SA。

そして、今度は高松を目指してひたすら東へ走る。

なんとか「だいたい予定していた」マリンライナーに友達を乗せることに成功。

それにしても楽しかった。

2019_04151005もう44年くらいの付き合いだけど特に人間として成長したわけでもなく、かといって落ちぶれたわけでもなく体も痛いところがそれぞれ何か所もあるけど、3人とも頑張ってます。(お腹は出たかな)



ずっと車で聴いていた「風」の正やんの曲じゃないけどほんと「君(達)と歩いた青春」です。

ただお互い歳を取ったので、しょうもないことで死なないようにしよう!!。


 
 
男3人旅2
2019-04-17
1から続く・・・。

雨の中ホテルへ向かうがまだチェックインまで時間があるので、高知駅前の

「坂本龍馬と中岡慎太郎と武市半平太の像を見にいこうぜ」と寄ってみる。

はりまや橋から高知駅へ向かい、ぐるっと回って裏の小さな駐車場へ入れる。

台風の日は片づける例の銅像(FRP)を後ろから見るかたちになったのだけど、なんせ雨で前に回るのが面倒なので誰も前へ廻ろうと言わず3人とも「後ろから」見ただけにおわる。

駅に付帯する高知の資料館の中の「龍馬伝」のセットで記念撮影。

肖像権とかの関係か福山竜馬の写真無し。

このへんは何とかならないものか。

けっこうがっかりさ。

そこを出てちょっと西の方にある「城西館」に到着。

すごく立派というかちゃんとしたホテルでちょっと感動。

3時前だったけど日曜の午後ということもあり、すぐ部屋に通される。

和室で3人1部屋。

別建物の大浴場に入ったりして時間を潰し夕方食事に出発。

友人が予約してあった居酒屋で久々の再会を祝して乾杯。

DSC_2840高知へ来たらやっぱりカツオのたたき。

肉厚でほんのり温い。

とっても美味しい!。












DSC_2842これは鯛かな。

やっぱり先週島根で食べたのより「味が濃い」。

エサの関係かも知れない。

マグロは食べてるエサで味が変わると先日TVで言ってた。

このあと実に2014年以来のカラオケに行き歌いまくり・・・

このあたりから僕の記憶はあいまいになって来るのだけど、屋台に行きラーメンを食べて帰った・・・らしい。


なんせ朝方5時ころかな、ふと目が覚めたら「服を脱いでいて」びっくりした。

しかも確実に「忘れた」と思っていた傘がちゃんとあった。

それにもびっくりした。

軽く二日酔いで「あ~だる~い、もうちょっと寝よう」と思った瞬間薄暗い部屋のTVのスイッチが入りオーガスタでやってる「マスターズ」を見始めたヤツがいるのであった。

見始めはタイガーが2位グループだったけど、やがて1位に浮上。

やっぱりタイガー・ウッズはかっこいい!!。華があるね。

「タイガー勝て!!!」と二人で応援していたらもう一人がスマホを見て「あれっ、悪天候で時間が繰り上がってタイガー勝ってるわ。それ録画やで」と見も蓋もないことを言うわけ。

そんなこんなで6時になり朝風呂でスッキリして、更に7時からの豪華バイキングでお腹いっぱいになり、八時出発の予定を30分伸ばしてタイガーのマスターズ優勝の瞬間をしっかり目に焼き付けて「四万十川」を目指して出発したのでした。

3に続く。
 
男3人旅1
2019-04-16
あ~パリのノートルダム大聖堂が燃えてしまいました。

建築歴史の授業で習ったのは初期ゴシック建築様式でファサードの薔薇窓が有名・・・だったような。

尖塔が崩れる様は映画みたい。

石積みの「組積造」だと思っていたけど、けっこう木の部分も多かったようですね。

まあ、建物の復元はお金があればなんとかなるけどね美術品だと大変。

これがルーブルとかオルセーだともう「大変!」では済まない。

火元は不明だけど、足場があったから工事の火かなあ。

某重工も完成間際の客船を燃やしてしまったし、某ゼネコンも完成間際の建物を燃やして死者まで出していたし、工事中の火災はよくあるので要注意ですね。

さて、この日曜、月曜と高校時代の友達三人で高知へ小旅行へ行ってきました。

お互い歳を取り、肺の一部とか片方の腎臓とかモラルなどを失くして「生きているうちに遊びに行こうぜ」という訳です。

霧雨の高松駅を9時半に出発。

雨の中をインターへ向かっていたら「讃岐うどん食べたい」というのがいて、急きょうどん屋へ。

そもそも宿泊するホテル以外「何も決めていない」といういい加減さ。

日曜の朝に開いていると言えば鹿角の中西くらいなので、そこへ行く。

朝ごはんを食べたばかりなので全然お腹はすいていないのだけど付き合いで「かけの小とアナゴの天ぷら」を食べたら「まんぷく」。あなたとトゥラッタッタ。

高松西ICから高知へ。

DSC_2827いよいよ雨になり「とりあえず」の桂浜へ着いた頃には本降り。

こんな時に砂浜を歩いているのは僕たちくらい。


高知の雨は粒が大きくて傘を叩く音がバラバラとうるさい。

という訳で太平洋の雄大さを味わえるわけでもなく、東京住まいのヤツの

「海はどこで見ても同じやん」の一言で終わり。






DSC_28301時も過ぎてやっとお腹もやや空いたので近くの「かつお丸」の中の店の一つで昼ご飯。


かつお丼 1,200円。

やっぱりカツオは高知で食べるとやたらと美味しい。

東京から来たヤツのための高知観光だけど「ひろめ市場」は僕らがめんどくさいので行かない。

相変わらず雨のため内藤廣さんの植物園とか高知城とか一応考えていたけど、それもすべてめんどくさくなり早いけど一路ホテルへ向かうのであった・・・続く。



 
 
今年の桜。
2019-04-13
今年の桜は長いですね~。

2019_04120006もう4月も13日になったのにまだきれいに咲いている。


最近、わりと寒いからかなあ・・・。


明日は雨が降るそうなのでこれで今年の桜は見納めかもね。

ここ何日かは5月から始まる足したら2,500㎡の店舗改修工事2件のことで頭が一杯。

並行して住宅のリフォームもやっていて、これは目途がついた。

最近、前職の会社で僕にいろいろ教えてくれた先輩方が次々と癌になってる。

癌なんて本当に運というか、どうしようも無いよね。

僕もそんなに歳が変わらないので、普通に生きてて仕事ができることに感謝しつつ何事も楽しくやって行こう!。

と思うわけですよ。
 
春の遠足2・・・温泉。
2019-04-12
足立美術館を堪能し出てきたのは良いけど一生懸命に作品を見たせいか

「疲れた」。

ここはひとつ温泉やなあ・・・とスマホに「この近くの温泉」と言ったら100mくらいのところに

「さぎの湯温泉」というのがあったので、そのままブラブラ歩いて向かいました。

と言っても100mなので1分くらいで到着。

DSC_2803なかなか立派な旅館。

日帰り入浴は700円くらいだった。

フロントで料金を払って古い旅館特有のくねくね曲がる廊下の先に大浴場。

まあ日曜日の午後3時頃ということもあり誰もいない。

すごくきれいなお風呂で、露天風呂も有り遠くの川の土手に咲く桜も良く見える。

一人なのでのびのび湯に浸かり体をほぐす。


効能の表示は読まなかったけど、すごく温まるいいお湯でした。

美術館と温泉、最高ですな。

そこを出て帰る途中にある道の駅「あらえっさ」に寄ったりして米子道を帰る。

雨の予報だったけど全く雨には降られず良かった。

走行距離は490キロくらい。

プリウスの燃費は10年15万キロ以上走っているのに24.5キロ/リットルと立派。
雑賀工務店
〒760-0074
香川県高松市桜町2丁目8番10号
TEL.087-833-5544
FAX.087-837-3565

───────────────
土木建築設計施工、不動産取引業
───────────────
<<雑賀工務店>> 〒760-0074 香川県高松市桜町2丁目8番10号 TEL:087-833-5544 FAX:087-837-3565