雑賀工務店|香川県高松市を拠点に店舗や公共事業の建築・施工、不動産物件・土地探しからリフォームまでトータルにお手伝いさせて頂きます。

qrcode.png
http://saiga-k.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 
 
車も「目」が命1。
2018-05-18
目はキラキラしているのに限る。

それは車もね。

という訳でやや曇り気味の愛車プリウスくん(30)のヘッドライトを磨いてみました。

買って9年弱。

何回か磨いているけど「なんか取り切れていない」感じです。


2018_05130003ソフト99の「ヘッドライトリフレッシュ」のコンパウンドがやや粗目なのでヘッドライトの周囲をマスキング。

ボディの塗装を保護するためです。

曲線ばかりなので、これがなかなか面倒。 


2018_05130002充電ドライバーの先にスポンジバフを付けて磨きます。

先日、窓ガラスをこれで磨いたらうまくいったので。

これは直径100で、平たく大きなガラスにはいいけど、ヘッドライトにはやや大きすぎる感じ。


グイグイ磨いていたらバフが茶色に汚れてきた。

見た目より汚れていた模様です。


2018_05130004細かな部分は「手」で磨きます。

バフの直径が50くらいなら全体の95%くらいはいけそう。





2018_05130005出来た・・・の図。

これにコート剤を塗る。

完全に乾くのには3日かかるらしい。

すっきりキラキラでいい感じですね。


 
 
誰?。
2018-05-17
仕事が終わって夕方。

2018_05160020趣味の「洗車」をしていたら通りががりのじいさんが・・・。

「あんた、雑賀さんな。」

「雑賀ではないけど社員ですよ。」

「わしなあ、さっちやんとこころやすてな。」

「はあ・・・(さっちゃんって誰?)。」

「わし、さっちゃんと同じ村の出身や、あんたんくの社長は知っとると思うわ。」

「あー、そうなんですかぁ。(それはそのさっちゃんかい、それともじいさんのことかい)。」

・・・いろいろあって・・・

「まああれやわ、よろしく言うとって。」

「ありがとうございますぅ、よろしくお願いいたしますぅ~。」

で結局、「さっちゃん」とは誰なのか、その「じいさん」は何者なのか全くわからないまま。

・・・・いったい「誰」?。
 
外壁改修続編①。
2018-05-16
今シーズン初めて蚊にかまれてかゆいです。

高校生は中間テストらしく、カップルで帰っていくのを男ばっかりのグループが羨ましそうに見つめているのを上から眺めては「ガンバレ!、おまえらにもそのうちなんかええことがあるわ」と地味に声援を送っています。
 
 
さて、足場も出来たので外壁タイルの調査をしましたよ。

2018_05160010鉄骨造3階建て。
 
建築後21年。
 
メース(押し出しセメント板)に小口タイル張り。
 
 
全部メッシュシートで囲ったので中が暗い。

2018_051600124つある出隅部分は全て、建物の揺れに追従できず傷みが酷い。







2018_05160019その他の部分も「浮いている」部分を多数発見。

それもこれも「メースにタイルを貼る」という工法がマズいらしい。

鉄筋コンクリート造だとピンを打ち込んで固定というのが出来るんだけどメースは薄くてそれが出来ない。

かと言って全部貼り換える予算も無いのでいろいろな業者さんと相談しながら

・・・「さあ、どうしようか・・・。」といったところです。



 
 
米津玄師 Lemon。
2018-05-15
米津玄師の「Lemon」。
 
メロディの合間に入る合いの手みたいな「ウェィ!」が好き・・・というか大好き。
 
それを聞きたくて「Lemon」を聴いているようなもの。
 
それと「うろ覚え」のせいで鼻歌をうたっているといつの間にかレミオロメン(藤巻亮太)の「3月9日」になってたりします。
 
たどり着いたらいつも雨降り・・・さぬき満濃公園。
2018-05-14
土曜日夕方のNHKニュースで、 さぬき満濃公園でB級グルメフェアみたいなのをやっているというので行ってきましたよ。

2018_0513000710時頃、さぬき満濃公園に到着。

すでに「小雨」。




駐車料金がいるのは知ってたけど「人」も入園料がかかるようで夫婦と車1台で1,250円也。

高い!なあ。

2018_05130008まあ、園内に入ったら手入れも行き届いているので仕方ないか・・・というところか。







DSC_2152各地の店舗がずらーっと並んでます。

30近いのかな。

ぼくの方針としては、県内のものはいつでも食べられるので「できるだけ遠くのものを食べよう!」ということにしました。

15~6度しかなく、雨で寒くてカキ氷なんかは気の毒な感じですね。











DSC_2153←これは鳴門金時のフライドポテトにグラニュー糖をサラッと振りかけたもの。

ホカホカ熱く甘くてすごくおいしい。

そして300円と割と安い。

おっちゃんも愛想良くてそこも良かったですよ。










2018_05130010佐世保バーガー、800円。

とにかくでかい!。

完全に「一食分」あります。

ちょっと大味かなぁ。



2018_05130013このほか宮崎地鶏の炭焼きとか福岡の唐揚げとかを買いました。

そして炭焼きの地鶏l は「炭の味」がした。

香ばしいというのとはやや違い、ホントに「炭の味」。
 
それなりに美味しかったですけどね。

唐揚げは、少し甘い感じ。

揚げたあと何かタレを通していたので、たぶんその味。


DSC_2155テントの下で食べていたんだけど、11時頃から笑っちゃうくらいの「土砂降り」。

さすがにこれはダメということで帰ることにしました。

この雨を貯めた芝生とメッシュの靴の取り合わせは最悪で、芝生にたまった水が容赦なく靴下を濡らす。

しかも駐車場は水深3センチの「濁流」で更に一瞬のうちに靴の中は「ジャポジャポ」というくらい水で一杯。

パーカーの背中とジーンズのふくらはぎのあたりもびしょぬれ。

土砂降りの園内を散策する気力も、その辺の温泉へ寄る気力もすでに無く、高松にまっすぐ帰ってきたのでした。

家に着いたら12時20分。

わすが3時間あまりの「お出かけ」です。

でも・・・服を着替えてコーヒーを飲みながら余分に買っていた「鳴門金時」を食べると、とてもいい感じ。









 
 
難工事。
2018-05-12
ぼくに来る仕事というのが妙に難しいのが多い。

人に相談したら

「俺なら断るわ」とか

2018_05120001「これは、あんたにしか出来んからあんたに来るんや」とか・・・のお世辞で押し付けられたり。

あの「ビフォーアフター」でさえ「家曳き」みたいなのを除くと「このくらい手を入れられたら楽でええよなあ」とか思うのもけっこうあります。


たまに

「へへへ、今回は楽勝やなあ。」とか思ってたら、たいていとんでもない難問が立ちふさがるのよね。

という訳で、今日は「勾配が無さ過ぎて冷凍ケースの排水が取れない!、しかもスラブが厚い!」という難問と戦ってます。

適正な勾配を取ると地中梁に当たってしまう(時々主筋を切って大事になる人もいるけどね)、かと言って緩くすると流れない・・・。

ミリ単位で探っているけど、あんまり細かいと実際の施工が出来ない。

この辺が設計と施工、両方をやっているから出来る判断のしどころではあるけど。

なかなか難しいねえ



 
 
窓磨き。
2018-05-11
窓拭き」ではなく「窓磨き」の話。

2018_05110001住宅ではあまり見たことないけどビルで良く見る現象。

ガラスの焼き付き?みたいな汚れです。

これがモヤモヤしてスッキリしない。

しかもこれは洗剤ではまず落ちない。

いくらこすっても落ちた気配さえなくイライラしますね。

この度足場を組んだので、これを何とかして落とすことにしました。


2018_05110003いろいろ考えた末、充電ドライバーにスポンジバフを付けて「磨き落としてみよう!」と思い立ちやってみましたよ。

「磨き粉」は日ごろバイクを磨いている極細目の安いコンパウンドです。

これを適量、バフに付けて磨いていくのですがバフは硬めがいいようです。

力を込めてグイグイ押し当てて磨いていくと・・・。


2018_05110002なんということでしょう・・・!。

あれほど酷い汚れがスッキリ落ちていくではありませんか。

手で触っても極めて滑らかで、良い感じですよ。



2018_05110004仕上げは、中性洗剤を浸したスポンジできれいにコンパウンドを洗った後

スクイジー( 手持ちのワイパーみたいなもの)で水を切っていきます。

これで完了。

視界爽やか。


2018_05110005新築以来20年ぶりにピカピカになったガラス。

両端引き寄せの中央FIXとなっています。

まん中のFIX部分は「絶対」に手が届かない設計になってしまっていたので仕方ありません。

やはりなんやかんや言いながらでも「きれいに保つ」のには手が届く「引違い窓」が最強ですね。






 
 
外壁改修。
2018-05-10
建築して20年余り経たうちの社屋もとうとう限界に来たのでとりあえず外部の改修にとりかかりました。

2018_05100017足場1日目。

8割くらいできたかな。

足場が出来たので窓も磨いてみました。

汚れが焼き付いて全く取れない。

ので電動ドリルにスポンジパフをつけて強引に磨いたらピカピカさ!。

 
 
ソロツーリング。
2018-05-09
この連休は実家と我が家の照明器具を一部LED化してリニューアルしました。

全てリモコン付にしたので快適です。

しかも器具も安かった。(配線・取付工事は自分でやったのさ。)

そんな中、半日空いたので愛車 ゼファー750で一人ツーリングしてきました。

(最近、エンジン内のクリーニングのためにハイオクを入れていて、多少その効果なのか吹きあがりが良くなった気がする。)

ゼファー(西風)なのでいつも西方面ばかりなので今度は「東」へ行ってみたよ。

長尾街道バイパスを走って水主経由で東かがわ市まで行って、白鳥のマクドナルドの角を南へ曲がって峠を超えて「御所の湯」の横を過ぎて鴨島へ到着。

2018_05060002鴨島、めっちや「街」でびっくり。

いつもの脇町とか穴吹と違ってすごく賑やかで人や車でいっぱい。

よく考えると当たり前で、もうちょっと走ったら徳島の中心部なのね。

吉野川も、より広く深くなりじっと眺めていると

「これは下手に落ちたら助からないなあ」とか思う。

鴨島は車が多いので流れが遅い。

穴吹から西みたいに60キロ/h前後だと煽られるということも無く、40キロ/hくらいで淡々と西へ走る。

道路看板に「美馬市 10キロ」とか出てくるので「穴吹の向こう?」とか考えながら走っていたけどなんか計算が合わない。

けっこう走ったところで「美馬市役所」の前を通過したんだけど、ここで初めて「穴吹」も「脇町」も「美馬市」だというのがわかった。

そこから北へ曲がって塩江の道の駅で一休み。

2018_05060004ソフトクリーム 330円也。

奥に見える行基の湯は、近々一部解体リニューアルするはず。

ちょっと前に入札があったみたいだけど、どこがするんだろう。

そんな感じで4時間くらいで高松に帰ってきました。

GWのためか遅い。

125キロくらいでした。

白鳥から鴨島は前に遅いのがいると抜けず、鴨島~脇町~塩江も似たようなもので、とにかく流れが遅く景色もパッとしないため走って面白い道ではないね。

ツーリングならやっぱり小豆島の北側がお勧めかな。
 
ジオラマ展(情景模型)を見に行く。
2018-05-08
イオンモール高松で荒木さとしさんのジオラマ展が開催されているといので行ってみました。

DSC_2132う~ん、めちゃくちゃ上手。

非常に繊細で色も素晴らしいです。

錆の表現、細い窓のモールの塗り分けなど長年プラモデルを作っている僕も

「どうやっているのかわからない」。

細かな工夫と何よりセンスがいいですね。










DSC_2131船はフルスクラッチらしい。

甲板のロープとか網の朽ち果てた感じがすごい。




DSC_2137防波堤などのコンクリート部分はスタイロフォームにモデリングペーストを

「塗っただけ」というけど何をどうやったらこうなるのかわからない。

ありふれた材料でここまで出来るんだ・・・。

マツダ?の軽トラ(たぶんポーターキャブ?)もいい味だしてますね。











DSC_2129ビートルもこんな感じ。

ドアを切り抜いて加工。

細いサッシを作って三角窓も再現しているのが凄い。 

こういう風にすると中も作り込まなくてはならなくなりすごく大変。

偉いなあと思います。










2015_04300007参考までに。

同じタミヤの1/24。

ただ塗っただけ。

何の加工もしないと「こんな感じ」です。

しかもこれはウエディングケーキの上に載せるため「遠くから見る」のが前提で、しかも慣れないスタッフのために「壊れない」ことを目的に造ったので全然作り込んでないのですよ。

比べると上のがいかに手が込んでいるか理解できると思います。



DSC_2133これはミニ・クーパー。

せいぜい10㎝くらいのモデルですが素晴らしい出来ですね。

僕はと言えば、もう2年くらいプラモデルを作ってなくて大量の在庫は一つも減っていない。



そろそろなんか作ろうかなあ・・・とか思いましたね。











 
雑賀工務店
〒760-0074
香川県高松市桜町2丁目8番10号
TEL.087-833-5544
FAX.087-837-3565

───────────────
土木建築設計施工、不動産取引業、
保険代理店業
───────────────
<<雑賀工務店>> 〒760-0074 香川県高松市桜町2丁目8番10号 TEL:087-833-5544 FAX:087-837-3565