雑賀工務店|香川県高松市を拠点に店舗や公共事業の建築・施工、不動産物件・土地探しからリフォームまでトータルにお手伝いさせて頂きます。

qrcode.png
http://saiga-k.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 
 
美味しい!。
2015-06-08
設計の三谷です。
 
日曜日の朝、「どこか行こうぜ!」と言っていた友達が二日酔いでダウンしてるとLine。
 
いきなりすることが無くなったので、ネコを足の間に挟んでTVを見ながらうたた寝してたら先日結婚したばかりの娘が来たので昼ごはんを食べに出ました。
 
近くのうどん屋でも良かったけど気分転換に丸亀の港の「一徳」へ。
 
案の定、混んでいたけど20分くらい待つだけで意外に早く食べることができました。
 
ごく普通に「天刺し定食」という昼のランチを食べたけど、やっぱりここは美味しい。
 
しかも安い!。
 
この手の料理では、香川県一コストパフォーマンスが高いと思いますね。
 
娘とこういう風に出かけるのはたぶん初めて。
 
そして旦那は外車ディーラー、本人も元車屋なので車内での会話は
 
「ベンツのCLSはかっこいいとか、マクラーレンはV8ターボのせいか静かで平べったくてかっこいいとか、アウディのA4~R8は外観はさほど変わってないけど中身は別物になったとか、新しいラバンは丸目にかってかわいい・・・」とか。
 
・・・感慨深いものがありますね。
 
夏が来た!
2015-06-06
今朝、会社に来ていたら峰山の向こうにモクモクの雲。
 
夏の色の空。
 
夏だ!。
 
今日は一生懸命プランを書いて明日は遊びに行こう!。
 
 
 
原因探し。
2015-06-05
鉄骨造3階建ての住宅の雨漏りの原因探しです。
 
屋上をパラペットという高さ40㎝くらいの低い壁で四方を囲んでいるのでどうしても「ドレン」という排水口に負担がかかり、このあたりが怪しいということで、3階の天井に穴を開けて下から確認してみます。
 
過去に水が流れた跡があったので原因は「ドレン」で確定しました。
 
このあと、もう一度屋上からドレンを補修して、室内側は下地を張り替えたうえでクロスを張り替えます。
 
世の中、何かの拍子に雨が漏る建物が多いのですが、こうやって原因をちゃんと確定しておかないと延々と雨が漏れ続けることになります。
 
そして結構うやむやでほったらかしの方も多いのもまた事実です。
 
 
 
~to you~
2015-06-04
四国地方梅雨入り。
 
なのに今日は快晴!。
 
空が洗われたように見えます。
 
さて、もう9万キロ走っている僕のプリウスですが、プラスチックのヘッドライトが傷だらけ。
 
高速道路と洗車機の多用と思われます。
 
ボディはほとんど無傷なので、洗車機のブラシはボディより柔らかく、ライトよりは硬いのかな。
 
街を走っていると黄ばんでるのも多いですね。
 
ヘッドライトまわりは車の「顔」なのでくすんでいてはなりませぬ。
 
という訳で磨いてみることにしました。
 
恐らくブラの表面に何らかのコーティングをしているはずで、磨くとそれを取ってしまうことになります。
 
けど、まあ買って6年もなっているのでいいか。
 
交換すると10万円くらいはかかるはずなので。
 
これから磨いてみるので仕上がりが楽しみ・・・。
 
「磨く」というのは、いろいろ応用が効いて何かと役に立ちますよ。
 
(以前、冷蔵庫を車のテストベッドとして磨いてみたら表面が滑らかになりすぎたためマグネットが全部下にずり落ちるようになって、えらい怒られたことがあるけど・・・。)
 
改正建築士法講習会。
2015-06-03
設計の三谷です。
 
一応、一級建築士なのと、雑賀工務店一級建築士事務所の管理建築士ですので今日は「改正建築士法講習会」へ行ってきました。
 
場所は、県立文書館の2階です。
 
参加者はちょうど100名。
 
なぜなら僕が最後の「100番」だったので。
 
たまたま一番後ろだったので、全体がよく見渡せるわけですが「白髪、薄い方、白髪、薄い方ゲ・・・」
 
と、ご高齢の方がやや多いかな。
 
女性はたぶん2名くらいでした。
 
女性の皆さん、建築業界に入るとモテモテ・・・かも知れませんよ。
 
内容は、今月から改正になる「建築士法」について。
 
主に設計契約についてのお話でした。
 
メインの「建築基準法」この「建築士法」「都市計画法」「消防法」など常に改正されるので、こういう風に講習会には(忙しい時は大変だけど)できるだけ参加するようにしております。
 
 
 
 
 
 
偉業!。
2015-06-03
31日の日曜日の話。
 
午前中お客様と現場で打ち合わせ。
 
元々無口な僕ですが、お客様とお話するのは大好きです。
 
辛気臭い公共の見積もりより100倍楽しいね!。
 
さて、それもめでたく終わり「昼から何しようかな?」ととりあえず愛車ゼファー750に乗って南へ。
 
先日落札しそこなった塩江の某施設を「ちっくしょー!!!!。」と横目に見ながら道の駅まで。
 
もう暑くなったので大好きな甘納豆も売って無くUターンして、空港へ向かいました。
 
なんか久々にYS-11が来ているそうなので。
 
(昔、空港の人達は、ただ単に「イレブン」って呼んでましたね。) 
 
写真がそれ。
 
民間、しかも個人(グループ)でこんなでかい旅客機をフライアブルの状態で保存するなんてすごい!。
 
アメリカだとB-17とかダグラスDC-3とかまだ飛んでいるらしいけど、とにかく何から何まで法でがんじがらめの日本で、こういうことを実現したのは偉い。
 
しかもこれってターボプロップ、つまりジェットエンジンですから整備の難度もレシプロの比ではないはず。
 
お金も本体の維持費、駐機料、保険代等めちゃくちやかかりそう。

そしてベースを高松にしてくれてありがとう!。
 
まさに偉業だと思います。
 
僕も雑賀工務店共々この建築界でこういう風に飛翔したいものです!。
 
・・・(あんまりなので強引に建築とまとめてみました。)
 
 
定期点検!・・・人間編。
2015-06-02
企画設計の三谷です。
 
書くのを忘れてたけど先週(5月26日)の火曜日は「胃と腸の内視鏡検査」を受けておりました。
 
2月に会社の健康診断で胃のバリウム検査を受けてはいましたが、今回はお腹の中をすっからかんにするので胃カメラの方は「ついで」です。
 
前回検査したのは3年前。
 
その後、いろいろ忙しかったり熱中症やらで放ったらかしだったので気になっておりました 。
 
皆さん苦手な胃カメラも僕はたいして苦痛にならないのですが、お医者さんの「麻酔かけた方が楽ですよ。」の助言で点滴による麻酔を受けたので「眠ってる間」に終わりました。
 
麻酔って凄くて、点滴に入れたほぼ瞬間、看護師さんの「眠くなってきま・・・」で意識が無くなってしまいます。
 
そして約3時間後、起こされて結果を聞いたのですが、幸い胃も腸も気にするほどの異状は無し。
 
深~い眠りのせいか、寝起きもスッキリ!。
 
もしポリープがあれば切除して様子見で一泊入院となるところだったので良かったです。
 
準備のための大量の下剤が超~不味くて辟易したけど、全部で一万円弱でした。
 
つい先日、大腸がんで俳優さんが亡くなったし、僕の周りでもよく聞くので、皆様、できるだけ検査をしましょう。
 
とにかく健康な方が何かと「幸せ」ですし、かつお金もかかりませんからね。
 
 
 
 
 
忙しい!!!。
2015-06-01
ここへ来て、急に忙しい。
 
☜「借りてきたら、なごむけど実は全く役に立たないネコの手」
 
早朝より。
2015-06-01
今日から6月!。
 
梅雨目前ですが、快晴です。
 
なので「暑くなる前に・・・」
 
現地測量に行ってきました。
 
まだ9時過ぎなのに影もくっきり!。
 
ついこの間「桜が咲いたぁ~。」なんて言ってたのに早いですね。
 
長いアプローチの設計なんですが、今日のデータを基に平面、断面図を書いていきます。
 
精密図面が大好きなもので・・・。
 
で、このコラムですが、先日知人から「(内容が)あまりにもマニアック過ぎちゃうん」と指摘を受けちゃった・・・。
 
あの「かがわの家」の同業他社様のブログとか見ると確かにそうやなあと思います。
 
確かに、みんなあまり具体的に細かいことは書いてないもんなあ。
 
反省!!。
 
新国立と言いつつ「新国立競技場」について。
 
 
 
 
 
あのコンペ案を見た時「地球の重力が1/2だったら出来るかなあ。」とか思ってたらちょっと無理みたいですね。
 
敷地を大幅にはみ出してるのも、小心者の僕から見たらカッケー!。
 
設計者はザハ・ハディッドというたぶんイラク出身で僕より10才くらい上ののおばちゃんですが、まあ昔から難しい設計をされる方ですね。
 
見るからに力学的に無理っぽいバランスの建物が多いので、ちょっと前までは「先生~、カッケー!けど、これは建築無理で。」ということで「アンビルドの女王」と言われてました。
 
確かに見た目も「女王様」っぽい方ですね。
 
(今や超々大御所でスターウォーズでハン・ソロを炭素冷凍・・・な感じですが、若い頃は、この業界では大変珍しい美人!でした。)
 
ところが、その超絶建物も最近の解析技術の進歩のおかげで「建築可能!」となる訳です。
 
余談ですが、オランダのウッツォン原案のシドニー湾に面して建ってる例のオペラハウスも、超有名過ぎて今見るとどうってことないのですが、数十年前は力学的な解析に大変な苦労をしたらしいです。
 
これの構造解析はイギリスのアラップだったと思うけど。
 
3次元にうねる図面を書く方も大変だけど、何にもない空中に座標を置いて、それに合わせて建てていく「現場監督と職人」は万国共通で偉い!。
 
先にも書いたけど「実現が無理っぽいデザイン」だけど「日本の技術」なら、なんとかなりそうだっただけに残念。
 
あのコンペ案を選定したのは日本でも屈指の建築家の方々ですので格別言うこともありませんが、実現できないのは惜しいなあ。
 
できたらやって欲しいなあ。
 
あの場所はあきらめて、海上で船舶として組み立てたら出来そうな気がするけど世間は納得せんやろうなあ。
 
 
 
 
 
こんな事もやっております。
2015-05-31
今日(日曜日)は朝からお客様と打ち合わせ。
 
現場での打ち合わせは楽しいですね。
 
さて僕はこの頃、先に書いた耐震改修やら公共工事の見積もりやら、雨漏りの修繕やらと神経を使う仕事が多いのですが、別チームは店舗の改装をしております。
 
市内の飲食店なのですが、営業しながらの工事。
 
お客様のいない深夜から午前中にかけてという、こちらは体力勝負です。
 
床の張替えがメインなので、そのたびに結構な量の椅子とか机を出したり入れたり。
 
ここ何日か工事していたのですが、それも今日で終わりだそうです。
 
ご苦労様でした・・・というところでしょうか。
雑賀工務店
〒760-0074
香川県高松市桜町2丁目8番10号
TEL.087-833-5544
FAX.087-837-3565

───────────────
土木建築設計施工、不動産取引業
───────────────
<<雑賀工務店>> 〒760-0074 香川県高松市桜町2丁目8番10号 TEL:087-833-5544 FAX:087-837-3565