雑賀工務店|香川県高松市を拠点に店舗や公共事業の建築・施工、不動産物件・土地探しからリフォームまでトータルにお手伝いさせて頂きます。

qrcode.png
http://saiga-k.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 
 
腰痛とワクチンと。
2021-08-12
ちょっと早い秋雨前線のおかげで、甲子園の高校野球も第一試合途中で降雨のためノーゲーム。

つまらない。

さて、ここ2、3日とにかく腰が痛い

椅子から立ち上がるだけで一苦労。

太い針金を腰に突き刺されている感じですごく痛いの

たまたま今日はかかりつけ医院で新型コロナの第一回目接種の日だったので、ワクチンを打つついでに腰痛の方も診てもらいました。

たまたま(2回目)今日はいつもはいない整形の先生がいらしたのでラッキー!。

腰痛の原因というか心当たりとすれば先週の土曜日にベニヤを18枚ほど現場に運んで敷いたくらいかなあ。

やわになったもんだ。

さっそくレントゲンを撮ったらお医者さんに

「骨と骨の間も十分に空いているし、変なとげとげも無いし歳のわりにはすごくきれいな背骨ですよ。」とほめてくださりました。

それはそれで嬉しいんだけど「ワクチン打ったばかりだから問題ないとは思うけど、まあ痛み止めの注射はやめとこうか。」というわけで、注射はせず腰の方は激痛のままなのでした。

ちなみにワクチンの方は「ブスッ!」といく感じではなく短い針でちょこっと刺したのかどうかわからないくらい。

僕のはファイザー製です。

もう2時間くらい経つけど特に何もなくちょっと拍子抜けかな。


 
 
台風と棟上げ。
2021-08-11
「オリンピックロス」になりかけたところで高校野球が始まりやれやれ。

さて8日、日曜日はまあまあいい天気で一人木太町の「湯楽温泉」(ゆ~らくおんせん)に行って呑気に過ごしておりました。

天気予報では、翌日9日月曜日は「台風が来るけど午前6時以降は曇りのち晴れ」ということだったので。

で、翌9日の朝6時過ぎにプレカット、大工さん、クレーンと関係者に電話して「やるで!!!。」と連絡して8時から開始したのはいいけど、それからは素晴らしい「台風天気」で突然土砂降りになったり、いきなりの強風とかで2階の床が組みあがった午前10時に「中止」を決定。

とにかく木造は組みあがった時が一番弱くて、特に強風の中で野地板なんかを張ってしまうと「揚力」が発生してしまいどこへ吹っ飛ぶかわからなくてきわめて危険なんですよ。

IMG_1312ただ、その日の主な目的の「先に設置したらせん階段と2階の桁、梁とかが干渉しないか?」というのはか確認できたので解散。

なんか最近、腰痛気味だったのが、その日からめちゃくちゃ痛くなってきたので、今度は「さぬき ぽかぽか温泉」に行ってマッサージを受けてきました。


気分爽快だけど腰痛はたいして良くもならなかったけど翌日も棟上げ。

今度は2階から上です。

難しい既存建物との取り合いも計算通りクリア。

天気も回復しめでたく完了いたしました。

やっぱり台風はわからない。

ただ良かったのは、予め「こんなもんだろう」ということで1階の剛床を張らずベニヤを並べて仮床としていたこと。

これを張ってしまい、床下に雨が入ってしまうと断熱材も入っているので下手すると3~4カ月くらい乾かない。

土台、厚板のベニヤにもカビが生えたり板が膨れたりと大変なことになるんですよ。

みんなこれで苦労しているんだけど、今回は1滴の雨にも濡らすことなく終了できました。

やったね!。

作戦勝ち!で気分いいですね。

相変わらず腰痛は酷いけどね。
 
 
「栄光の架橋」って最高!。
2021-08-07
NHKのオリンピック番組には嵐の「カイト」が流れています。

米津くんらしいとてもいい曲ですねえ。

さて、今回の東京大会のテーマじゃないけど、ラジオを聴いていると1日に一度は必ず流れるゆずの「栄光の架橋」。

この曲が流れてくると「オリンピックといえばやっぱりこれやなあ!」とうれしくなりますね。

改めてYou tubeで2004年 アテネ大会の時のPVを見ると「ゆず」北川くんも岩沢くんもめっちゃ若い。

「あんたらのこの曲、17年経った2021年でも最高なんやで。」と言ってあげたいですね。

ちなみに他のオリンピックのテーマ曲で好きなのはトワエモアの「虹と雪のバラード」、浜田麻里とか寺田理恵子のも良かった。いきものかがりの「風が吹いている」山下達郎の「ヘロン」とかSEKAI NO OWARI の「さざんか」、安室ちゃんの「HERO」とか槇原くんの「足音」・・・。

やっぱり名曲が多いですね。

ちなみにサザンの「東京VICTORY」 はNHKとは関係ないけど名曲中の名曲だし、プールが映るとB'zの「Ultra Soul」。

以前にも書いたけどスポーツのしての人類の頂点にいるオリンピアンの人たちは全てが美しい。

もうすぐ閉幕だけど幸せな2週間でした。

来週8月9日は棟上げ。

台風が次から次へと通過しているけど雨が降りませんよう・・・。


 
 
がんばれ!四国アンバサダー!。JALのCAさん。
2021-08-06
あまりの暑さで早く帰ったきのうの夕方、TV を見ていたら面白いといえば面白く悲惨といえば悲惨なものを見た。

JALのCAさんが「四国アンバサダー」というのになり今回は「小豆島の魅力」を発見するために来島とのことで見ていたら、大昔に建てた田ノ浦の「岬の分教場のセット」にやってきたというもの。

漁船に乗って現れたのは、ぞうりにひざ下までのツンツルテンの紺の絣?の着物に赤い帯の・・・最近表現方法が難しいんだけど強いて言えば「妙齢の女性」。

そう、その格好は「バカボン!」やん。

誰も指摘しなかったのか!。

それとも面白いからそのままにしたのか。

細かいことを言えば漁船に乗って「岬の分教場」に来るのは「大石先生」や。

そのCAさんがその格好のまま、あちこち行っていろいろ現地の人から説明を受けるのだけど、もう「バカボン」にしか見えなくておかしくておかしくて仕方なかった。

久しぶりにいいものを見た。

アンバサダーのお仕事、頑張って欲しいものです。

ちなみに今日の四国新聞にその写真が載っているのですが、全身が写っていないので面白さ(魅力)半減です。




 
 
夏は「そうめん」やでなあ。
2021-08-04
暑い、言ってもしょうがないけど暑い~!!!!。

去年からのサウナ通いで、より汗が出やすくなった気がして、すぐに汗びっしょり。

フラフラで家に帰ってシャワーを浴びたら「冷やし素麺」ですねえ。

IMG_1254今年も実家から送ってもらった我が家の定番、小豆島、小部の「八木田のそうめん」。

夏になったら書いているけど「やや太くツルツル」のそうめんです。



もう10年くらい前、観音寺の人と素麺の話をしてたら知ってたのでびっくりした記憶があります。

そんなに多く作ってないようなのでもう「幻」の域かも。

IMG_1255←昭和の香りがする作り方説明書。

作っている御本人が言うのには「いい小麦粉使ってるんで。」ということなのでそのへんの素麺よりやや高いんですが、毎年美味しくいただいております。



エアコンの効いた部屋でビール飲んでそうめん食べてオリンピックを見る。

最高じゃないですか。
 
 
「らせん階段」を設置しました。
2021-08-03
今日は「らせん階段」の搬入、取り付け。

スチール製で幅1.7mで長さが4mくらい、重さが500キロと、とてもじゃないけど人力では無理だし、建ててからの搬入も無理。(そこだけ屋根を開けておく人もいる模様)

さて、どうするか。

いろいろ考えた末、上棟前に搬入することにしました。

これがなかなか大変で10トンのレッカーを呼んで一つ隣の土地から吊り上げて搬入しました。

IMG_1250←あらかじめ設置したアンカーボルトには当然ながら一発で納まる。

下にはあらかじめ「重し」として1.5トンを超えるコンクリートを打設してあります。

今日から9日に上棟して上で支えが出来るまでの6日間のためだけのものです。

ただX,Y方向の位置決めが難しくいろいろ調整して誤差1mm以内と落ち着くところに落ち着いた感じ。

Z方向は「鉄団子」という専用のボルトをセットし誤差0mmとなっています。

IMG_1251というわけで、今はまだ存在しない「2階」へ上がっていく階段となっております。

なかなかシュールでいい感じでしょ。



 
 
満濃「塩入温泉」。
2021-08-02
オリンピックも早、前半分の日程を消化。

やっぱりオリンピックに出るくらいの人はすごい。

メダルを取った、逃したといっても僕のようなものから見れば頂上さえ見えない山の上の薄い紙一枚、二枚の差のようなものですからね。

本当にすごいですね。

さて、オリンピック会場で人類の頂点の選手たちが死闘を繰り広げている中、きのうは満濃の「塩上温泉」へ行ってきました。

とんでもなく暑いせいか駐車場は空きが目立つ。

塩入温泉←外観を撮ってもたいして面白くないので「資料画像」より内部です。

これにサウナが付くくらいで、これでだいたい全部です。

シャンプー、ボディソープと「石鹸」が備えられて500円と安いです。

露天風呂は無いけど、外気浴スペースはたっぷりで、しかも屋根付き日陰で今みたいな暑い夏はありがたいですね。

泉質はやや硫黄の香りがして香川の中では「温泉感」が高い。

浸かったあとは肌がツルツルします。

わりと「地下水を温めてみました!。」みたいなのが多い香川にあっては貴重ですね。

サウナは現在人数を4人に制限しているけど、人が少ないので問題なし。

水風呂はちゃんと「冷やして」あります。

満濃の市街地?から500mくらい入っただけなのに渓谷感が素晴らしい。

風も下界よりやや涼しい気がするし、セミや鳥の鳴き声を聞きながらの外気浴はすごく気持ちいいです。
 
高松へ帰ってきてもお肌ツルツル。

お勧めですよ。

 
 
施工管理技士「玉藻公園被雲閣蘇鉄の間耐震改修工事見学会」
2021-07-31
一応「施工管理技士」の資格を持っているし、このところ講習会とか行ってないので「たまには・・」ということで香川県施工管理技士会の主催する「玉藻公園 被雲閣蘇鉄の間耐震改修工事」の現場見学会というのに行ってきました。

「被雲閣蘇鉄の間」というのは玉藻公園の中に建っている旧松平家の迎賓館のようなもの。(日本のどこかに「飛雲閣」というのもあったはず。)

木造平屋瓦葺きの建物です。

建築されたのは1917年大正6年ということです。(「生稲晃子のロシア革命」で有名な年ですね。)

日本もこのころになると機械化とか材料とか道具も発達してきて大工の技能も明治後期あたりから最高潮になったと何かに書いてあった気がします。

IMG_1180猛暑の炎天下、こんなのがいた。

「中の人」大変!。




IMG_1196仮設の通路。

もうこれだけでめんどくさそう。

とにかく暑くてすでにこの辺で心が折れる。


IMG_1185この頃の建物は概ね石の上に載っただけなので耐震性なんて限りなくゼロ。

鐘楼のように鐘の重さで押さえつけているわけでもないしね。

おまけに間仕切りは建具ばかりで「耐力壁」もゼロ。


こんなのでよく今まで持ったものです。

「そこでっ!!!」。

土台の下に鉄骨!  を通し、既存の柱の外側に鉄骨の柱を建て「鳥かご的」に耐震補強をしようということにしたらしい。

IMG_1184小屋裏は新規の木の梁の増設とCチャンを合わせた梁で下から伸ばしてきた柱に接続。

これが水平とか斜めに入っていて超面倒そう。

「重文」になったらしいけど、中身は ほぼ「サイボーグ」ですね。

まあ見たところ、弁柄でも塗ったのかなあ・・・それでもそのへんのお寺・神社などより「木の色が悪い」。

湿度が多い?、建築後100年くらいの割には保存状態が悪く傷みが激しい気がしました。

IMG_1190小屋裏。

狭いところに足場と補強材でたいへん!。

後から差し込んだ木もけっこう汚れていて激狭空間への搬入時の苦労が偲ばれます。

超難工事で僕にはこんなの到底無理。

IMG_1191←もう訳の分からないくらい複雑な補強。

工務店の人、偉い!。尊敬いたします。 

元の小屋組みは西洋トラスで組んでいて梁間方向に関してはこれでも大丈夫そう。




IMG_1187長押の釘隠しも、たぶん元はいいものだろうけど錆でボロボロ。

少し磨けばいいのに。(これは高松市の方ね。)




この手の文化財の修復は「とにかく建築時の状態を保つ」というのが原理原則なので、いくら「この方がええで」と思ってもそれは出来ない。

いちいち文科省にお伺いを立てるわけ。

たとえ当時の大工の失敗でもその通りに復元ということなので、こういうのは僕の性分には合わないですねえ。

僕にはこういう自分にあまり権限のない仕事は出来ないっていうか向かない。

しかもこれだけ面倒な工事なのに予算はバーゲンプライスの7200万円!。

「これは無理やでなあ・・・。」というのが感想です。

ただ「耐震補強」の方については大いに参考になりました。

日頃ずっと僕が言ってる「100万くらいの耐震補強はあくまでも気休めやで。」というのが証明されたというところでしょうか。



IMG_1218さて園内、別のところでは戦災で焼けた三の丸桜門というのを「新築中」。

これも見せてもらいました。

これは「新築」で文化財的な価値は無いので自由にやってます。

屋根は合板に普通のルーフィング。

壁の構造用合板は普通にコンプレッサーのガンで打っているし、胴縁なんかはビス留め。

まあ1階構造材のケヤキはさすがにいいものを使っています。

IMG_1230この辺の年寄りの大工が言う「中びき」。

なかなか凝った継ぎ方です。

それより大変なのは「丁斧かけ」。

規則正しい細かな斫り跡ですが、これが危険極まりない作業で、かつてはむこうずねを砕く人が続出したというもの。

電動の曲面カンナでやればあっという間なんですけど、ダメなんやろうなあ。

そんなこんなで素屋根など仮設の方法は参考になりました。

けど所詮は「実物大模型」のようなもの。レプリカです。

ちっちゃいけどこれで3億円!。

まあこんなもんでしょうなあ。

宮大工さえどこかで調達できたら、これは出来そうな気がする。(手間賃が怖いけど)

(「鉄腕dash!」を見ていると、いちいち人力でやっているけど、これくらい割り切ってやればいいのに。と思います。)



IMG_1205これは「雨漏り補修中」の櫓からみた園内の風景。


いい景色ですねえ。





IMG_1214巨石をふんだんに使った豪華石垣。

大名の見栄です。

タモリさんが喜びそうですね。



IMG_1213特にこんなところとか。

高松にもう40年住んでいるけど琴電の窓から見るくらいで「玉藻公園」に入るのは実は初めて。


白砂青松の風景が「ここだけは」保たれているのに驚きました。

地元の人間はだぶんこんなもんでしょうね。


 
 
「東京リボーン」新国立競技場編。
2021-07-30
録画していたNHKの「東京リボーン 5」新国立競技場編というのを見たけど、これが凄かった。

デザイン・設計はご存じ 隈さんなんだけど、細かい実施設計は梓設計で施工は大成建設。

まず工期が極端に短い。

これだけで食欲が無くなりそう。

更に、あれだけの空間を覆う屋根を縁だけで支え客席内は「無柱」にするというものだけど、言うのは簡単だけど作るのはホント大変そう。

(ただこれは世界のトレンドで最近の巨大スタジアムはどこでもだいたいこんな感じ)

最初のフレームを組んでからぐるーっと順次取り付けていくんだけど「最後」につじつまが合うかどうかというお話でした。

H鋼のフランジを繋ぐ添え板の長さを変えて傾きを微調整してみたり、フレーム間のスペーサーの厚みを変えてつじつまを合わせていくわけです。

とにかく「物」が大きいので見ているだけでも大変さが伝わってきます。

最近の難しい形の建物は「3次元座標」をとって組み立てていくというのをよく見たり聞いたりするけど「何にもない空間」に座標を設定できるだけでも凄い。

結果としてうまく行くんだけど、現場監督の人、若いのに偉いなあ。

大成建設の偉い人が「うちで出来なかったらどこも出来ない」と言ってたけど「そうでしょうねえ」。

・・・まあ「各都道府県の木」のくだりはどうでもよかったかな。 

僕は今でも「ザハ案」の方が遥かに良かったと思っているけど、おばちゃん早々に亡くなってしまうし、結果的にはありきたりなデザインだけど工期も短いことだしこれで良かったのかなあと思います。

あのしょぼかった開会式の実際の予算はその後ネットで出回った話によると「10億円」だったらしい。

開会式直後に僕が「150億円くらい抜かれたのかなあ」と書いたけど実際はだ・れ・か・に「155億円!」抜かれたみたいです。

で、この新国立競技場は1569億円らしい。

あれを見る限り、中抜きのやりようもないし、妥当というよりむしろ安い気がしますね。

完成後、ネットにけっこう「使い勝手が悪すぎ」とか「酷い出来」とか書かれているけど(まだ行ったこと無い人がほとんどだと思うけど)それは「設計」が悪いのであって決して「施工会社」が悪いわけではないということを国民の皆さんに知っておいて欲しいと切に願っております。
 
 
日本サッカー、かっこいいぞ!
2021-07-29
昨夜のオリンピックサッカー「日本対フランス」めちゃくちゃかっこよかったですね。

僕のサッカーの知識といえば、大昔、釜本がいたころメキシコオリンピックで銅メダルをとった、それから20年くらいしてJリーグが出来て、またしばらくしてアトランタかどこかで奇跡的にブラジルに勝った・・・程度なんですが、昨日は素晴らしかった。

いつものようにひたすらパス回しをするとか、ボールをゴール前に持ち込んで、いざシュートと見せかけていきなり横にパスするとか・・・そんなことも無くまっすぐ前を向いて走っていく!。
 
そして強敵フランスに快勝!。

かっこいいなあ!!!。

「これがサッカーやん。」

とても感動しました。

「全く新しい世代に変わった」瞬間かも知れませんね。

今日の昼の萩野くんの「神様がくれた贈り物」には泣けました。

なんかいいですね。。




 
雑賀工務店
〒760-0074
香川県高松市桜町2丁目8番10号
TEL.087-833-5544
FAX.087-837-3565

───────────────
土木建築設計施工、不動産取引業
───────────────
<<雑賀工務店>> 〒760-0074 香川県高松市桜町2丁目8番10号 TEL:087-833-5544 FAX:087-837-3565